1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. ファクタリングは資金繰りの救世主になるか?基本をリサーチ

ファクタリングは資金繰りの救世主になるか?基本をリサーチ

ファクタリングという言葉を最近はよく聞きますが、資金繰り改善の救世主になるのでしょうか?

また、知っておきたい保証料や実際に利用したあとの仕訳、会計処理については、どのように行えばいいのかを知ることができます。

保証ファクタリングの基本

ファクタリングと呼ばれる資金調達の方法をご存じの方もおられるのではないでしょうか。

特に企業の経営者だと日頃から資金調達のためにいろいろな方法を模索しているはずですし、その一環としてファクタリングも選択肢に加えているかもしれません。

一口にファクタリングと言っても実際にはいくつかの方法が存在するのですが、ここでは保証ファクタリングについてお話したいと思います。

保証ファクタリングとは売上債権の金額を保証する制度のことで、保険的な役割を果たしてくれる方法となります。

アナタの会社が取引先に商品を納品した場合、その売上は売掛債権としてアナタの会社が所有することになります。

企業間の取引では売掛が基本ですし、商品を納品してすぐに現金で支払ってもらえるということはまずありません。

取引先の支払いサイクルに合わせて支払ってもらうことになりますし、数ヶ月先にならないと現金化できないということもザラにあります。

数ヶ月先の現金化など待っていられないという場合だと売掛債権を銀行や買取業者に売却し、手数料を支払う形で現金化してもらいます。

これがいわゆるファクタリングの仕組みです。

支払い期日がきて取引先から決済してもらったときにはそのお金をファクタリング会社に支払うことになるのですが、取引先が突如倒産してしまうということも考えられます。

保証ファクタリングでは売上債権に対してあくまで保証をしていますから、取引先が倒産して支払い不能となった場合でもファクタリング事業者が依頼会社に現金を支払います。

これが大まかなシステムとなります。

また、保証ファクタリングには下請け債権保全支援と呼ばれる方法も存在しており、これは主に建設会社や資材業者を保護する制度として重宝されています。

下請債権保全支援の制度を利用することで通常は建設業者が支払う保証料金を国土交通省が三分の二まで負担してくれることになります。

建設業を営む企業にとってはありがたい制度ですから検討してみる価値は十分あるでしょう。

ここまででお話してきたように、保証ファクタリングは売上債権に対して金額を保証するという制度になっています。

取引先の倒産などはこのご時世そう珍しいことではありませんし、いつ自分がまきこまれてしまうかも分かりません。

取引先の倒産で自社がダメージを受けてしまわないためにも、こうした方法が存在することも知っておくべきです。

ぜひ覚えておいてください。

 

 

その他のファクタリングの種類

ファクタリングにはいろいろな種類があるというお話しを先ほどしましたし、保証ファクタリングについてどのような制度なのかをお伝えしました。

ここでは保証ファクタリング以外の種類についてお話しますから、今後サービスを利用してみたいと考えている方はぜひ目を通してください。

それぞれの方法に特徴がありますから、自社のニーズにマッチした方法をチョイスしなくてはなりません。

きちんと特徴などを理解してから利用するようにしてください。

まずご紹介するのは一括ファクタリングです。

銀行などが積極的に取り扱っているのはこの一括方式です。

売掛債権の買取を行う業者が企業から売掛債権を購入し、それと引き換えに代金を支払うという方法になります。

二者間取引と三社間取引の二つが存在し、二者間取引では買い取り事業者と企業、三社間では事業者と企業、売掛先での売掛債権譲渡となります。

二者間契約だと売掛先に売掛債権の譲渡を知られることはありませんが、三社間契約だと売掛先に知らせることになります。

二者間だと手数料が高い代わりに売掛先には関与せず、三社間だと手数料が安い代わりに売掛先に事業者が関与することになります。

医療報酬債権ファクタリングは売掛債権の買取事業者が国民保険や社会保険に対して請求する債権を購入して現金化する方法になります。

要するに医療機関向けの資金調達方法と考えて差し支えないでしょう。

債権の種類が医療報酬債権となっており、支払企業が国保や社保になっているという部分が最大の特徴です。

基本的な仕組みは一括方式と大して変わりありませんから、医療機関が資金調達のために行う方法ということだけ覚えておけば大丈夫でしょう。

国際ファクタリングは輸出債権を買取する制度のことです。

輸出取引において代金の回収を確実にするために採用される方法で、取引形態は三社間での取引となります。

支払企業の合意が必要となるためここをデメリットとして捉える方も少なくありません。

輸出債権を取り扱っているという部分が特徴となり、世界を相手にしている事業者が連携してサービスの提供を行っている部分も特徴と言えるでしょう。

このように、いろいろなファクタリングの方法がありますから、自社にもっともマッチしたベストな選択をしなくてはなりません。

ここでご紹介した方法と保証方式、それらすべての特徴やメリット、デメリットをしっかりと理解して選ぶということが大切なことです。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

ファクタリングで考えておきたいメリット

ファクタリングを利用するにあたって気になるのはメリットでしょう。

さまざまなメリットがある方法だと聞いたことがある方は多いでしょうが、具体的にどんなメリットがあるのか正しく説明できる方というのは多くありません。

メリットについて正しく理解していないと活用することは難しいでしょうし、本来得られるはずのメリットを得られないかもしれません。

そこで、ここではファクタリングを利用するうえで得られるメリットについていくつかご紹介しますから、今後サービスの利用を検討しているのなら最後まで目を通してください。

まず、資金繰りが楽になるというのは最大の魅力ではないでしょうか。

売掛債権を買取ってもらうことによって現金化することができますし、キャッシュフローの正常化を図ることができます。

売掛債権を現金化できるのが数ヶ月先になってしまうというケースは多々ありますし、企業によっては資金が底をついてしまうこともあります。

つなぎ融資を受けるにしてもこのご時世なかなか貸してはもらえませんし、利息が財政を圧迫してしまうことも考えられるでしょう。

売掛債権譲渡なら借り入れではなくあくまで売掛債権の売却ですからこのようなリスクもありません。

仮に売掛先が倒産してしまった場合、売掛債権は何の意味も持たないものになります。

売掛債権が1000万円以上あったとしても取引先が突如倒産してしまい、支払い能力もまったくないとなるとどうしようもありません。

しかし、ファクタリングを利用している場合だと例え売掛先が倒産してしまったとしても問題ありません。

買取業者に売掛債権を譲渡し、現金化している場合でも売掛先が破たんしたときにはその支払い義務を免除されます。

これはこのサービスを利用するうえで得られる最大のメリットと言っても過言ではありません。

このように、売上債権の売却による現金化にはいくつものメリットがあります。

キャッシュフローを正常化することで資金繰りが楽になりますし、わざわざ金融機関の融資をあてにするようなこともありません。

支払期日を待たずして現金を手に入れることができますし、支払期日までまだかまだかと待つこともなくなるでしょう。

ただ、ファクタリングにはメリットが多い一方でデメリットがあるのも事実です。

ここではメリットばかりをお伝えしましたが、次はデメリットについてもお伝えしたいと思います。

デメリットについてもきちんと理解するようにしてください。

ファクタリングで考えておきたいデメリット

ファクタリングを利用するうえで考えられるデメリットですが、最大のデメリットは手数料が必要になるということでしょう。

売掛債権の買い取りを行う業者もボランティアで活動しているわけではありませんし、ビジネスとして売掛債権の買取を行っています。

そのため、このサービスを利用するには相応の対価を支払う必要性が出てきます。

これが考えられる最大のデメリットではないでしょうか。

決済期日まで待てば1000万円のお金が手に入るという場合でも、サービスを利用すると700~900万円くらいまで目減りしてしまうこともあります。

手数料は業者によってまちまちですが、二者間で行われる場合だとだいたい売掛債権の10~30%と言われています。

1000万円の場合で手数料が30%だと300万円が引かれてしまうことになりますから、手元に残るお金は700万円ということになります。

これはかなり大きな数字ですし、やはりここが大きなネックではないでしょうか。

数ヶ月先の支払期日より早く現金化できるというのは嬉しいですが、手元に残る現金が大きく目減りしてしまうというのは考えさせられます。

三社間契約だと1~5%の手数料になることが多いですが、これだと取引先に売掛債権の譲渡が知られてしまい今後の関係性が変わってしまう可能性があります。

そもそもファクタリングは売掛債権がないと利用できない資金調達方法です。

そのため、売掛債権がない場合にはこの方法を用いて資金調達を行うことができません。

これもある意味デメリットではないでしょうか。

売掛債権内での現金化となりますし、月商以上の調達はできません。

しかも、事業者に返済するときは分割などできずに一括で返済しなくてはならないのです。

このようにファクタリングには良い面もあれば悪い面もあります。

メリットばかりに目をやってしまうとデメリットを見失ってしまいますし、利用してから後悔する羽目になりかねません。

何度も言いますが、メリットとデメリットの両方をきちんと理解することで初めて活用することができますし、正しく資金調達を行うことができます。

メリットばかりに目を奪われてしまうと大切なことを見落としてしまいますから気を付けてください。

メリットもデメリットもあるものの、今すぐ現金が必要という会社にとって助け舟となるのは事実です。

きちんと理解して、正しくファクタリングを利用すればキャッシュフローも改善されるでしょう。

 

 

ファクラリングの仕訳や会計処理はどうすればいい?

商品を納品してすぐに代金を貰うということはまずありません。

企業間取引では売掛が用いられることがほとんどですし、売掛債権を決済できるのは1~2ヶ月先、場合によってはもっと先ということもあります。

このような場合にファクタリングを利用することで素早く現金化することが可能となりますが、本来お金が入る日の前に入金があるというのは通常の会計処理とはいろいろな部分で違いが生じます。

そのため、会計処理や仕訳で悩んでしまうということもよくあることですが、ここではファクタリングを利用した場合の仕訳や会計処理についてお話したいと思います。

ファクタリングを利用したときの会計処理や仕訳にはいろいろな疑問が生じがちです。

仕訳は企業ごとに決まったやり方がありますから一概にここでは言えませんが、ここでは割と一般的な目線で説明したいと思います。

一般的な商取引では売掛金が発生したときに借方科目に売掛金、貸方科目に売上が計上されることになります。

これは経理や財務に携わる方、企業経営者の方なら理解できるでしょう。

売掛金がその後決済されたときには借方科目に現金、貸方科目に売掛金が計上されて処理が完結することになります。

では、ファクタリングを利用したときはどうなるのかというと、借方科目に売掛金、貸方科目に売上が計上されるのが一般的です。

売掛債権を買取事業者に売却したときには借方科目を未収金、貸方科目に売掛金をそのまま計上し、売掛金を早期に回収できたときには借方科目に現金や手数料などを計上します。

貸方科目には未収金を入れます。

ただ、これはあくまで一例ですから実際にはこのような仕訳をしていない会社もたくさんあります。

一般的なケースとしてお話していますが、自社ではそのような処理はしていないという方もいるかもしれません。

未収金を売掛金のまま処理してしまうという会社もありますし、売上債権売却損を売上債権譲渡損や雑支出として処理することもあります。

企業によってこれはやり方がまちまちですから、ここでご紹介したのはあくまで一般的な仕訳ということで理解してください。

首尾一貫して説明できるような仕訳ができるのなら会社ごとに多少の違いがあるのは問題ありません。

どうしてもここでご紹介したような方法で仕訳、会計処理をしなくてはならないということではありませんからそこは覚えておいてください。

慣れないうちはここでご紹介した一般的な仕訳で済ませておくと良いでしょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 売掛金のまま期日まで待っているなんて非常にもったいない!

  • 悪徳ファクタリング会社に注意!こんな儲け方で暴利をむさぼる

  • ファクタリングの手法、契約時の注意点などを簡単におさらい

  • 資金調達のウルトラC!ファクタリングで資金繰りが超ラクに

  • 資金繰り悪化…中小企業の「その時」の危機を救うファクタリング

  • ゼロから学ぶファクタリング、これを読めばあなたも専門家!