仕組み

助成金

助成金にも税金がかかる!節税を意識しつつ活用しよう

助成金制度は、厚生労働省が提供する制度であり、労働環境の整備や生産性の向上などに取り組んだ会社に対して、助成金を支給するものです。 このような取り組みは、結果的に人材不足を解消することにもつながります。 人材問題に取り組もうと思...
助成金

助成金の中には後戻りできないものもある!後悔しないように取り組みましょう

厚生労働省が実施している助成金制度は、主に中小企業を対象として、労働問題に取り組んだ会社に助成金を支給する制度です。 助成金を活用することによって、会社は人材不足などの問題に取り組みつつ、助成金も受給できるため、非常にありがたい制度だ...
助成金

助成金の受給対象となるためには?政府の意図をしっかり汲むことが大切

助成金制度を活用するためには、なんとなく見つけた助成金を行き当たりばったりで利用していくのではなく、むしろ「こんな助成金があるかもしれない」と考えて探し、積極的に利用していくことが大切です。 そのためには、何を以て助成金の受給対象にな...
助成金

助成金を受給できるのは「まともな会社」で「最低限の要件を満たしている会社」

助成金は、受給要件を満たした会社であれば、高確率で受給することができます。 しかし、満たすべき受給要件とは、各種助成金がそれぞれに定めている要件だけではなく、助成金制度そのものを利用するための要件を満たす必要があります。 前提と...
助成金

助成金の手続きではタイミングが重要。受給し損ねる危険があります

中小企業が積極的に活用していくべき制度の一つに、助成金制度があります。 これを活用することによって、助成金を受給しながら人材不足の解消や労働環境の整備を進めていくことができます。 しかし、助成金の手続きではタイミングを間違えない...
助成金

無期転換ルールを適用するなら、キャリアアップ助成金を使うべき理由

2013年4月1日に労働契約法が改正されたことによって、「無期転換ルール」というものが始まりました。 それから6年後にあたる2019年4月1日、いよいよこのルールの影響を受ける会社が出てきています。 本稿では、無期転換ルールの概...
助成金

助成金の活用のためには経営者・社労士・税理士の連携が大切

助成金を利用するためには、専門家の協力が必要です。 とはいえ、助成金の専門家が社労士だからといって、社労士だけでは助成金の活用には至りません。 社労士だけではなく、税理士の協力も欠かせないのです。 しかし、税理士と社労士の...
助成金

中小企業だからこそ助成金を活用すべき理由

助成金制度は、厚生労働省が労働環境の整備や経済成長の促進のために実施しているものです。 従業員の待遇を改善したり、積極的に雇用したり、生産性を増進させたりした会社は、助成金を受け取ることができます。 助成金は返済する必要がなく、...
助成金

中小企業だからこそ活用すべき助成金。その基本と正しい考え方を学ぶ

中小企業の経営基盤は基本的に脆弱であり、資金繰りに苦労することも多いものです。 だからこそ、短期的な目線で経営に取り組む経営者も多くなり、それが命取りになることもあります。 そんな経営者におすすめしたいのが、条件さえ満たせば高確...
資金繰り

しっかりと儲けるためには逆算で目標を設定するべき理由

経営者ならば、しっかり儲けを出していきたいと考えていることでしょう。 そのためには、計画性のある経営が必要だということも、わかっている人が多いと思います。 しかし、どのように計画を立てていけばいいのか分からず、行き当たりばったり...
その他

よくある信用保証協会の疑問 Q&A

中小企業の多くは、銀行から融資を受ける際に、信用保証協会の保証付き融資であることを条件に、融資を受けることが多いと思います。 これは、信用保証協会の保証をつけることで、銀行がリスクを避けようとしているからです。 保証協会付き融資...
その他

銀行格付けが会社の命運を握る?銀行格付けの基礎知識

「銀行格付け」や「債務者区分」といった言葉は、新聞や経済紙で読んだり、あるいは仕事での関係者から耳にしたりすることもあり、皆さんもご存知かと思います。 多少なりとも知っている人は、それが銀行からの融資に影響することも知っていると思いま...
その他

債務者区分の維持に経営改善計画を役立てる考え方

債務者区分は、融資に大きな影響を与えるものです。 これをできるだけ高く維持し、引き下げられるにしても可能な限り食い止め、できるならばアップさせていくことが重要です。 しかし、債務者区分の重要性は知られていても、債務者区分の低下に...
その他

資金使途への意識が低いのは問題あり!改善してメリットを得よう

金融庁は銀行に対して、資金使途を重視するように指導しています。 そのため、銀行は融資審査の際には資金使途に注目し、そこで納得しなければ融資することはありません。 したがって、資金使途を明確にしておかなければ、銀行から融資を受ける...
その他

決算書の別表を銀行はどう見ている?問題点をゼロにするためのチェック項目

決算書といえば、貸借対照表と損益計算書を思い浮かべる人が多いと思います。 しかし、決算書を構成する書類は、正確には三種類あります。 それは、貸借対照表、損益計算書、そして別表です。 あまり重要視されていないようにも見える別...
その他

損益計算書を工夫して銀行格付けをアップする方法とは?

銀行は、各融資先を独自に格付けし、融資先の評価や融資判断に役立てています。 これを、「銀行格付け」と言います。 銀行格付けを理解しておくと、銀行格付けを改善し、融資に役立てていくことも可能です。 特に、損益計算書や貸借対照...
その他

銀行格付けアップのための貸借対照表の見方・考え方

銀行格付けは、銀行の融資判断に大きな影響を与えます。 良い格付けを獲得すれば、好条件での融資を引き出すことが可能であり、格付けが低ければ融資を受けることが困難になります。 銀行格付けを決めるにあたり、銀行は決算書の情報を重視しま...
その他

間違った節税が資金繰りを悪化させる!期ズレによる絶税は本当に効果があるか?

税金の支払いは、会社にとって負担の大きいものであり、この負担を軽くするためには節税対策が重要です。 しかし、節税は正しく行なわなければ、効果が得られないばかりか、却って資金繰りが苦しくなってしまうこともあります。 会社が一般に取...
タイトルとURLをコピーしました