融資

融資

銀行の評価は「取引振り」によって大きく変わる。具体例で学ぶ

銀行が、取引先の会社を評価する基準は色々あります。多くの経営者は、業績や財務が評価の基準になっていると思うかもしれません。 確かに、業績や財務が良好であるに越したことはないのですが、銀行の評価はそれだけでは決まりません。 取引先...
融資

深く付き合うべき銀行の見抜き方は?社長たちの意見を参考に考える

取引している銀行がひとつだけの状態を「一行取引」といいます。これは、資金繰りに良くない状態です。 なぜならば、資金の調達先が一か所しかなく、そこから借りられない場合には資金繰りが立ち行かなくなるからです。 それだけに、銀行の提示する...
融資

粉飾が起きやすい売掛金を銀行はどう見抜くのか

銀行に融資を申し入れると、決算書その他の書類の提出を求められます。 これは、会社の業績や財務を把握するためですが、銀行員がその情報を鵜呑みにすることはありません。 なぜならば、中小企業の決算書は化粧されているのが普通であり、悪質...
融資

危険視されやすい勘定科目がある?正しく理解してマイナス評価を防ぐ

銀行が融資を判断するときには、決算書を分析することによって、会社の実質的な安定性や収益力、返済力などを把握する必要があります。 特に、会社の財務や資金繰りの安定性・健全性を知るためにも、貸借対照表の内容は詳細に分析していくのですが、そ...
融資

担保について理解していますか?法的なことも学んでみよう

銀行が融資を判断する時、きちんと返済できるかどうかが最も重視されます。 返済に不安があるならば、貸し倒れに陥った際の保全のために、担保をつけるのが普通です。 逆に考えると、担保を提供することで出にくい融資が出ることもよくあるので...
融資

信用保証協会の追加保証が困難ならば、「銀行と信用保証協会の協調」を検討してもらおう

信用保証協会の保証を受ける「保証付融資」は、銀行の貸し倒れリスクを大幅に下げることができるため、プロパー融資が困難な会社でも、融資を受けられる可能性が高くなります。 しかし、信用保証協会が保証しなければ、保証付融資を受けられません。 ...
資金繰り

好調な会社ほど危ない?増収に隠れた倒産のリスクを知る

会社を経営する大きな理由の一つは、利益を得ることにあります。 売上を伸ばしていくことは、どの会社でも目指していることと思います。 しかし、売上を伸ばせば経営がうまくいくということではなく、倒産した会社の業績を見てみても、増収にも...
融資

会社の成長のためにはたくさん借りたほうがいい理由とは?

会社経営には資金が必要不可欠であり、そのためには銀行から融資を受ける必要があります。 それも、単に必要な融資を受けていくのではなく、できるだけたくさん借りておくほうがいいのです。 しかし、たくさん借りるべきだと言えば、「無借金経...
助成金

助成金の活用は融資なしでは考えられない理由と具体例

助成金を活用すれば、返済不要のお金を受給することができ、これによって資金繰りにプラスの影響も期待できます。 しかし、助成金は資金繰りにとって、あくまでも補助的な効果しかありません。 助成金で資金繰りを回していくのは無理があります...
融資

新型コロナウイルス対策に使いたい日本政策金融公庫のセーフティネット貸付について

新型コロナウイルスが拡大の一途を辿っていくなか、中小企業の資金繰りへの影響が深刻になってきています。 日本経済の根幹ともいえる中小企業を支えるために、政府は様々な支援策を打ち出しています。 政府の支援策を大きく分けると、信用保証...