キャリアアップ助成金

助成金

中小企業と大企業で助成金の受給が変わる。どうやって区分している?

助成金には様々なものがあり、支給のための要件や支給額がそれぞれ異なります。 また、特に雇用系助成金に多いのですが、中小企業と大企業で支給額が異なることや、中小企業しか利用できないこともあります。 多くの場合、中小企業のほうが良い...
助成金

非正規社員に手当を支給すれば助成金がもらえる「諸手当制度共通化コース」とは?

キャリアアップ助成金には、複数のコースが設けられており、コースによって取り組みや助成額が異なります。 色々なコースがあるからこそ、自社に最も効果的なコースをしっかりと選び、経営に役立てていくことが重要です。 本稿では、キャリアア...
助成金

労働力の細かい調整に役立つ「短時間労働者労働時間延長コース」とは?

働き方改革により、有給休暇付与の義務化や時間外労働の上限規制が設けられ、労働力の確保が徐々に難しくなってきています。 規制の中で労働時間を調整し、必要に応じて待遇を改善したり、賃金をアップしたりすることで、労働力を確保することを考えな...
助成金

助成金の受給額が増額される生産性要件とは?

助成金の中には、生産性が向上した場合に、支給額が増額されるものがあります。 この仕組みをうまく活用していけば、より多くの助成金を受給することができ、会社の負担を軽減しやすくなります。 また、単に受給額が増えるだけではなく、生産力...
助成金

トヨタ方式に学ぶ労働能率の改善。これで助成金の加算は約束された

助成金の活用を加速するためには、生産性の向上が欠かせません。 助成金の多くでは、生産性要件を満たした場合に助成金の加算を行っているため、生産性を向上させた会社ではより多くの助成金を受給し、メリットを高めていくことができるのです。 ...
助成金

助成金活用を加速させるためのジョブ・カード制度の基礎知識

働き方改革が進んでいる今、助成金の活用によって負担の軽減を図っている会社も多いことと思います。 しかし、助成金を活用したいと思っても、求職者とのミスマッチによって、うまく活用できない会社もあることでしょう。 例えば、キャリアアッ...
助成金

ジョブ・カード制度をトライアル雇用助成金やキャリアアップ助成金に活かす方法

人材不足が深刻化している昨今、人材確保の必要があるものの、採用活動がうまくいかずに悩んでいる会社は多いことでしょう。 そのような会社では、希望している人材がなかなか集まらない、定着しないといった、会社の希望と求職者の能力がミスマッチに...
助成金

キャリアアップ助成金の賃金規定等改定コースは、職務評価で加算を受けよう

キャリアアップ助成金の賃金規定等改定コースは、賃金の増額に伴って利用できる助成金です。 賃金の増額は、人材確保のために多くの会社が実施しているでしょうし、最近は働き方改革の一環として、最低賃金の引き上げが続いています。 賃金を増...
助成金

キャリアアップ助成金の健康診断制度コースのメリットとは?

助成金の目的は、労働環境の整備や生産性の向上を通して、経済成長を促すことです。 これに関係のある取り組みであれば、一見すると関係なさそうな取り組みでも、助成金の対象となる場合があります。 例えば、キャリアアップ助成金の一つに「健...
助成金

キャリアアップ助成金によってパート社員の定着と生産性向上を実現した会社の実例

人材不足に悩む会社は、採用にそれほどコストをかけられず、それによって人材確保に苦労しているケースが多いです。 採用にコストをかけられないのは、財務的にそれほど余裕がないためですから、どうしても非正規雇用労働者を多く雇うことになります。...