トライアル雇用助成金

助成金

助成金活用を加速させるためのジョブ・カード制度の基礎知識

働き方改革が進んでいる今、助成金の活用によって負担の軽減を図っている会社も多いことと思います。 しかし、助成金を活用したいと思っても、求職者とのミスマッチによって、うまく活用できない会社もあることでしょう。 例えば、キャリアアッ...
助成金

ジョブ・カード制度をトライアル雇用助成金やキャリアアップ助成金に活かす方法

人材不足が深刻化している昨今、人材確保の必要があるものの、採用活動がうまくいかずに悩んでいる会社は多いことでしょう。 そのような会社では、希望している人材がなかなか集まらない、定着しないといった、会社の希望と求職者の能力がミスマッチに...
助成金

2回目以降の障害者雇用では障害者トライアル雇用助成金を使おう!普通のトライアル雇用助成金との違いは?

障害者を初めて雇用するとき、特定求職者雇用開発助成金の障害者初回雇用コースを利用するのがおすすめです。 障害者初回雇用コースは初回限定のものであり、2回目以降は利用できません。 2回目以降の利用では、障害者トライアル雇用助成金を...
助成金

防げる離職を見過ごしていませんか?助成金を活用しながら離職率を下げよう

若手が離職してしまう理由は様々ですが、その中には対処できないものと、対処できるものがあります。 一見、対処できないように見える理由でも、会社が仕組みを作っていくことで、離職を防げるものもあります。 本稿では、両立支援や訓練の実施...
助成金

助成金をもらいながら労働力を確保し、有給休暇付与の義務化に対応しよう

労働基準法が改正されたことにより、中小企業を含むすべての会社で、有給休暇の付与が義務付けられました。 これまでは、有給休暇を付与せずにやってきた会社でも、必ず付与しなければならなくなり、そのために労働力が不足してしまう会社も出てくるこ...
助成金

4月から始まった有休付与義務化。制度を正しく知り、助成金の活用を考える

平成31年4月1日より、有給休暇について改正された労働基準法が施行されることとなりました。 これまで、会社が有給休暇を付与しなければならないのは、従業員の申し出があった場合に限られていました。 しかし、法改正によって、従業員の申...
助成金

起業時にも使える助成金は主に雇用系助成金。地域によっては多額の受給も可能

助成金には色々な種類があります。 近年では、雇用の安定と生産性の向上のために、従来の労働環境を整備することで受給できる助成金が多くなっています。 「従来の労働環境を・・・」というと、既存の企業に対して助成金を支給しているイメージ...
助成金

離職率の高い建設業。利用できる助成金はこんなにたくさん!

建設業は、他の業種と比較して離職率が高い業種です。 これは、一般的な理由による離職だけではなく、建設作業中の事故による離職も起こりやすいからです。 このため、建設事業者の雇用保険料は高めに設定されています。 建設業者は離職...
助成金

従業員の高齢化に悩む会社が、助成金を獲得しながら経営を改善する方法

現在、中小企業では、人材不足に悩んでいる会社が増えています。 特に製造業などでは、ベテランの職人の高齢化が進み、若手の人材が確保できず、いずれ経営が回らなくなってしまう会社も少なくありません。 実際に、技術力に定評があり、黒字経...
助成金

トライアル雇用助成金とキャリアアップ助成金を併用できる場合とは

人材を雇用するにあたり、多くの中小企業が活用できる助成金制度があります。 それは、トライアル雇用助成金とキャリアアップ助成金の二つの助成金があります。 この二つの助成金は、利用の目的や仕組み、助成金額などが異なるため、適切な判断...
助成金

雇用の際に活用すべきはトライアル雇用助成金か?キャリアアップ助成金か?

人材を雇用するにあたり、利用できる助成金には色々なものがあります。 中でも、トライアル雇用助成金とキャリアアップ助成金は、多くの会社が利用できるスタンダードなものです。 では、実際に雇用するとき、いずれの助成金を利用するべきなの...
助成金

育児休業等支援コースで代替要員を雇うなら、キャリアアップ助成金との併用もおすすめです。

助成金には併給調整というルールが設けられており、同じ取り組みで複数の助成金を受給できないように調整されています。 このルールによって、一つの取り組みによって、一つの会社が複数の助成金を受給することを防ぎ、多くの会社が助成金を利用できる...
タイトルとURLをコピーしました