助成金

助成金

最低賃金を上げるときに使える業務改善助成金とは?

政府は、働き方改革の方針の一つに最低賃金の引き上げを掲げており、年間3%の引き上げを目標としています。 これにより、2016年、2017年、2018年と3年連続で、目標通り3%以上の引き上げを実施しており、業績が伸びないまま最低賃金の...
助成金

解雇や退職勧奨によって助成金が受給できなくなる。労使交渉のポイントは?

助成金は、主に中小企業を対象に実施されているものであり、中小企業の多くが活用できるように設計されています。 しかし、あくまでも助成を受けられるのは、助成金本来の目的に沿っている会社だけです。 助成金の目的の一つに、労働環境の整備...
助成金

中小企業と大企業で助成金の受給が変わる。どうやって区分している?

助成金には様々なものがあり、支給のための要件や支給額がそれぞれ異なります。 また、特に雇用系助成金に多いのですが、中小企業と大企業で支給額が異なることや、中小企業しか利用できないこともあります。 多くの場合、中小企業のほうが良い...
助成金

義務化に伴う負担の軽減こそ助成金の本領!ストレスチェック助成金とは?

近年、働き方改革が推進されていることにより、労働時間や休暇日数、最低賃金など、会社に一定の取り組みが義務づけられることが増えてきています。 中には「努力義務」としているものもありますが、いずれは罰則規定も厳しくなってくることが予測され...
助成金

トヨタ方式に学ぶ労働能率の改善。これで助成金の加算は約束された

助成金の活用を加速するためには、生産性の向上が欠かせません。 助成金の多くでは、生産性要件を満たした場合に助成金の加算を行っているため、生産性を向上させた会社ではより多くの助成金を受給し、メリットを高めていくことができるのです。 ...
助成金

賃金引上げの負担・人材不足・賃金問題も解決するたった2つの対応方法

政府が推進する最低賃金の引き上げと、採用活動における企業間の競争が激しくなっていることで、賃金は増加の一途をたどっています。 パート・アルバイトの時給も、全国平均で1000円を超えている状況であり、これが大きな負担となっています。 ...
助成金

賃金が上がり続けて負担が増加。助成金でカバーする考え方は一つじゃない

賃金の上昇が続いていることによって、企業の人件費負担が重くなっています。 財務的に余裕がない中小企業の中には、この流れに苦慮している会社も多いはずです。 このような変化に対応するには、助成金の活用が欠かせません。賃金増額によって...
助成金

最低賃金の上昇をキャリアアップ助成金でカバーしないのはもったいない!

近年、働き方改革の流れを受けて、最低賃金が毎年2~3%の伸び率で上昇を続けています。 人件費負担軽減のために非正規労働者を雇っていた事業者にとって、資金繰りへの影響は決して無視できないでしょう。 政府の方針では、今後もしばらく値...
その他

助成金・補助金による資金調達が会社の成長に役立つ理由

会社が国や地方自治体から受け取ることができるお金として、助成金や補助金の存在が知られています。 これは返済不要のお金であるだけに、返済義務がある融資などよりも優れた性質を持っています。 また、助成金や補助金を受給するための要件を...