金利交渉

融資

【6】スプレッド融資こそ究極の金利交渉!ハードルは高いが目指す価値あり

銀行から融資を受けると、返済が完了するまで利息を支払い続ける必要があります。 借入総額に対する支払利息は微々たるものですから、これが直接的な原因となって資金繰りが回らなくなる会社はありません。 しかし、利息分だけ手元資金は流出す...
融資

【5】長短金利の逆転とは?金利への理解を深めよう

皆さんもご存じの通り、長期融資は短期融資よりも高い金利設定になっています。 しかし、金利設定の基準となる短期プライムレートと長期プライムレートを比較してみると、現在は長期プライムレートのほうが低くなっているため、長期融資のほうが低い金...
融資

【4】金利はどのように決められている?実はこんな仕組みです

銀行から融資を受けるとき、会社によって異なる金利が定められます。 金利によって生じる利息の支払いは、会社の資金繰りにダイレクトに影響するものですから、できるだけ低い金利で借りたいと考えるのが普通です。 しかし、ただ金利を低くした...
融資

【3】銀行の営業エリアで金利が変わる仕組みを知れば、金利交渉もうまくいく

銀行から融資を受ける際の金利条件は、色々な要素によって変動します。 自社の決算内容だけで金利が決まっていると思う人もいるでしょうが、実際にはそれ以外にもたくさんの要素が絡み、金利が決められています。 金利を左右する要素としてあま...
融資

【2】金利交渉を成功させるには、銀行の規模を考えましょう

銀行融資では金利条件が設定され、これによって毎回の支払利息が変わります。 金利自体はそれほど高いものではありませんが、借入額が大きければ支払利息も馬鹿にならないため、金利は低いに越したことはありません。 そこで、融資交渉で金利の...
融資

【1】なぜ返済期間によって金利が変わる?銀行のリスクから考えれば納得!

銀行から融資を受ける際には、返済期間や金利などの条件が設定されます。 返済期間は長ければ長いほど、金利は低ければ低いほど、資金繰りがラクになります。 中でも、金利には敏感な社長が多いです。 しかし、返済期間と金利は密接な関...
融資

【0】金利交渉に必要な全知識を徹底解説

銀行から融資を受けるとき、会社は必ず利息を負担する必要があります。 例えば、1000万円を2.0%の金利で借りた場合には、(単純計算で)1年間で20万円の利息となります。 借入額全体から見れば、利息の額はそれほど大きいとは言えな...