特定求職者雇用開発助成金

助成金

障害者雇用が会社にもたらすメリットは?実際の例を見ればよくわかる!

障害者雇用は、会社にとって負担になるというイメージも少なくありません。 実際に負担が生じることも事実ですが、会社の取り組み次第では、負担よりもはるかに大きなメリットを得られることもまた事実です。 本稿では、障害者雇用の負担とメリ...
助成金

特定求職者雇用開発助成金の「安定雇用実現コース」の活用は難しい。良い方法は他にある

就職氷河期世代には、非正規雇用として働き続けている人や無職の人が多く、政府はその対策に力を入れています。 企業に就職氷河期世代の雇用を促すために、特定求職者雇用開発助成金の安定雇用実現コースを実施していることも、その表れと言えます。 ...
助成金

就職氷河期世代の正規雇用でもらえる特定求職者雇用開発助成金の「安定雇用実現コース」とは?

今年に入ってから、助成金の中には新設されたもの、助成内容が拡充されたもの、支給要件が緩和されたもの、名称が変わったものなどがあります。 その一つに、特定求職者雇用開発助成金の安定雇用実現コースがあります。 安定雇用実現コースは、...
助成金

障害者を長年雇用して負担が重くなってきた?ならば助成金の活用を

障害者雇用に取り組むとき、短期間で離職してしまう状況は好ましくありません。 くり返し雇用し、一から配慮していく必要があり、助成金の受給額も予定より小さくなってしまうため、会社の負担が増大するのです。 このため、障害者雇用では長期...
助成金

障害者の職場定着に効果大!職場支援員を配置して助成金の最大化を

日本の企業は、従業員の規模が一定以上になれば障害者を雇用する義務が生じます。 現在、障害者雇用の義務がない会社でも、事業を拡大すれば従業員を増やす必要があり、それによって雇用義務が生じることとなります。 また、この雇用義務は20...
助成金

障害者雇用に必要な配慮の第一歩はこれだ!助成金も受給できます

一定以上の規模の会社では、障害者を雇用する義務があります。 また、障害者を雇用したならば、その障害者に合理的な配慮をする義務もあります。 合理的な配慮と聞けば、負担が大きい取り組みに聞えるかもしれませんが、そんなことはありません...
助成金

障害者雇用で最大356万円!3つの助成金の併給で最大化する方法

障害者雇用に取り組むにあたって、受給できる助成金は複数あります。 そして、これらは併給が認められているため、要件を満たすものを漏れなく利用していくことで、受給額を大きく伸ばすことができます。 障害者雇用は、多くの会社にとって難し...
助成金

障害者の初回雇い入れで、特定求職者雇用開発助成金を併給するときの注意点

障害者を初めて雇い入れる会社では、雇い入れた経験がないだけに、コスト面での不安も大きいと思います。 そのような会社のために、政府は助成金によって支援しています。 障害者を初めて雇い入れる会社は、障害者初回雇用コースを利用すること...
助成金

初めて障害者を雇用する会社は特定求職者雇用開発助成金を使おう!

民間企業における障害者の雇用義務は、現在、法定雇用率2.2%に設定されています。 このため、常用労働者46人以上の会社で、雇用義務が発生します。 しかし、2021年には法定雇用率を2.3%へと引き上げることが決まっており、常用労...
助成金

障害者雇用の義務とは?罰則はある?活用できる助成金は?

一定の規模に達している会社では、障害者雇用に取り組む必要があります。 政府が規定する障害者の法定雇用率は、2021年に引き上げを予定されているため、今後はより多くの会社で取り組みが求められるようになります。 障害者と社会・会社の...