1. TOP
  2. 資金調達その他
  3. 保証ファクタリングってなに?トラスト&グロースを例に解説します

保証ファクタリングってなに?トラスト&グロースを例に解説します

ファクタリングには、売掛債権を買い取る「買取ファクタリング」だけではなく、売掛債権が回収困難になった場合に保証を受けられる「保証ファクタリング」があります。

ファクタリング会社によってどちらを提供しているのか、どちらも提供しているのか差異があります。

本稿では、保証ファクタリングを提供しているトラスト&グロースを例に挙げながら、保証ファクタリングを解説していきます。 

資金調達プロ

ファクタリング会社をどう選ぶ?

AdobeStock_122810786_R

本稿をご覧の皆さんは、すでにファクタリングについていくらかの知識を持っていることでしょう。

ファクタリングというシステムが企業に与える良い影響を知った上で、次の疑問に至っているはずです。

それはすなわち、「ファクタリングを利用してみたいのだけど、ファクタリング会社はどこがいいんだろう?」ということです。

ファクタリング会社にはいろいろな会社があります。

メガバンクのグループ会社が提供しているファクタリング会社から、中小のファクタリング会社まで様々です。

すべての業者において、様々な点で異なる面を持っていますが、それらの会社を買取ファクタリングを行っているのか、保証ファクタリングを行っているのかということで、二種類に大別することができます。

ファクタリング会社を選ぶにあたっては、まずは自社がどちらにファクタリング形式を希望するのかを考え、それを提供しているファクタリング会社の中から選んでいく必要があります。

ちなみに、本稿で紹介するトラスト&グロースは、保証ファクタリングを提供しているファクタリング会社です。 

 

 

買取ファクタリングと保証ファクタリング

Dollarphotoclub_24185712_R

では、買取ファクタリングと保証ファクタリングとは、どのようなものなのでしょうか。

まず、一般的に「ファクタリング」と言うとき、ほとんどの場合は「企業が保有する売掛債権をファクタリング会社に譲渡し、売掛債権の信用力に応じて資金を受ける」ことだと認識されています。

皆さんの中にも、ファクタリングをこう認識している人は多いのではないでしょうか。

このように、売掛債権を買い取る形式のファクタリングを、より専門的には「買取ファクタリング」と言います。

実際には、ファクタリングといっても必ずしも買取ファクタリングを行うのではなく、もう一つの形式である保証ファクタリングを提供しているファクタリング会社もあります。

買取ファクタリングと保証ファクタリングの違いは、以下の通りです。 

 

買取ファクタリング

Dollarphotoclub_78240405_R

買取ファクタリングは、上記の通り企業が保有する売掛債権を譲渡することによって、資金を受け取ることができるファクタリングのことです。

売掛債権は、企業が取引先に掛け売りをした時に、数ヶ月後に代金を受け取る権利のことです。

そのため、取引成立から商品・製品の納入を行ったとしても、代金を回収し、実際に企業経営に資金として生かしていくことができるのは、数ヶ月後のことになります。

このため、資金力に乏しい企業の中には、数ヶ月後にしか活用できない多額の売掛債権を抱えていることによって、資金繰りが非常に厳しくなっているケースも少なくありません。

回収までの間に資金繰りが困難な状況になれば、銀行などの金融機関から資金調達を行う必要があるのですが、事業成績や財務内容が悪ければ融資を受けられないことも多いものです。

そこで、ファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらうことによって、資金調達ができるというわけです。

多くの場合、買取ファクタリングは償還請求権無しの契約によって行われるため、万が一取引先が倒産しても企業が被害を受けることはありません。

このように、貸し倒れリスクを移転できるのも、買取ファクタリングの大きなメリットです。

買取ファクタリングを提供しているファクタリング会社はたくさんあり、有名な会社ではビートレーディングなどがあります。 

 

保証ファクタリング

AdobeStock_121364153_R

保証ファクタリングは、買取ファクタリングのように、売掛債権を買い取ってもらうものではなく、売掛債権に保険をかけるようなものです。

つまり、売掛債権の代金決済がまだ先の売掛債権に対し、ファクタリング会社と事前に保証契約を結んでおくことによって、万が一売掛先から回収不能となった時に、事前に決めていた保証限度額まで損失を補てんできるのです。

多くの場合、買取ファクタリングは資金繰りが厳しい企業の資金調達のために行われます。

これに対し、保証ファクタリングは、緊急の資金調達が必要ではないものの、貸し倒れによって資金繰りが厳しくなる企業が、事前にそのリスクを軽減するために利用します。

あるいは、新規ルートに拡販するにあたって、取引実績がなく信用力にも不明点が多い新規取引先との契約をした場合には貸し倒れリスクも大きくなりますから、そのような取引先の売掛債権に保険をかける形で利用されることもあります。

保証ファクタリングを提供しているファクタリング会社も色々ありますが、有名な会社としてはトラスト&グロースが挙げられます。

インターネットで、保証ファクタリングを提供しているファクタリング会社を検索してみても、トラスト&グロースの名前がよく挙がっていることが分かります。 

 

 

トラスト&グロースの売掛保証

AdobeStock_102443089_R

保証ファクタリングの有名な会社として、トラスト&グロースを例に挙げながら見ていきましょう。

保証ファクタリングは、「信用保証ファクタリング」と呼ばれることもありますし、会社ごとに独自のネーミングで提供していることもあります。

トラスト&グロースの場合には、「T&G売掛保証」という商品名で提供されています。

売掛保証も保証ファクタリングも、同じ意味と考えて問題ありません。

事前に契約をしておくことで、売掛債権が未回収になった時に、保証会社が売掛先に代わって代金を支払ってくれます。

これによって、万が一未回収になった時のリスクは大幅に軽減されるため、安心して取引を行うことができます。

売掛先に保証をかけていることが知られると、信用力のない会社ならば焦りが生じ、信用力のある会社ならば痛くもない腹を探られたという印象となり、なにかと悪影響をもたらすものですが、保証ファクタリングでは売掛先に保証をかけていることが知られることもありません。

これこそが保証ファクタリングの特徴とメリットなのですが、各ファクタリング会社が提供している保証ファクタリングを詳細に見て行くと、ファクタリング会社によっては特殊なサービス内容となっていることもあります。

たとえば、トラスト&グロースが提供しているT&G売掛保証では、支払遅延も保証の対象としており、このような保証ファクタリングは非常に珍しいものです。

というのも、いろいろなファクタリング会社の保証ファクタリングを見てみると、売掛先が倒産した場合にだけ支払保証を行う契約内容になっていることも多く、単に売掛先が資金繰り困難などから支払いが遅れた場合には、保証の対象外となっているのです。

しかし、トラスト&グロースが提供するT&G売掛保証では支払遅延も保証の対象としています。

このことから、取引実績のない取引先に対しても、未回収リスクを過度に恐れずに積極的に新規取引を行っていくことができます。

売掛債権の回収に伴うリスクとして、最も大きいのは取引先が倒産してしまうことによって全く回収不能となってしまうことです。

しかし、企業経営が安定して継続されるためには、運転資金が途切れることなく供給されるというのも欠かすことのできない条件ですから、売掛債権の回収遅延も大きな問題になるものなのです。

そこで、保証ファクタリングを利用する場合には、トラスト&グロースのように支払遅延にも対応してくれるファクタリング会社を利用することによって、よりよいリスクマネジメントが可能となります。 

 

 

保証ファクタリングにかかる料金

AdobeStock_121242196_R

買取ファクタリングを行っているファクタリング会社では、売掛債権の信用力に応じて買取率を算定し、買取料を差し引きます。

つまり、額面金額よりも割安で買い取りを行い、決済期日には額面金額の満額を回収することによって、その差額が利益となっています。

これに対し、保証ファクタリングを利用するためには、保証料を支払う必要があります。

ファクタリング会社は、売掛先の信用力に応じて保証料率を算定し、保証料を受け取ることによって利益を得ているのです。

トラスト&グロースの保証ファクタリングを例にとれば、基本的なプランでは保証期間は3~12ヶ月で設定し、対象となる売掛先の売掛債権は一括で保証し、新規取引先は1社から、既存取引先は2社から保証可能となっています。

このとき、保証金額・保証料率・保証期間によって、保証料は変動します。

保証金額の上限と保証料率はファクタリング会社によって異なりますが、トラスト&グロースの場合には保証金額は1~3000万円、保証料率は0.125~1.8%となっています。

たとえば、ある売掛先に対して100万円の売掛金を持っており、審査の結果保証料率は1.0%になり、保証期間は5ヶ月であったとします。

その場合の保証料は、

保証金額×保証料率×保証期間=100万円×1.0%×5ヶ月=5万円

となります。

つまり、5万円の保証料を支払うことによって、万が一支払い遅延や倒産による支払い不能が起きた場合には、トラスト&グロースから支払保証を受けることができるのです。

AdobeStock_63161548_R

上記の通り、通常のプランでは保証期間を3~12ヶ月で設定しますが、プランによっては短期の保証も可能となっています。

トラスト&グロースでは、最短1ヶ月からの保証に対応しています。

ただし、この場合には通常のプランと比較して保証料率はやや高めとなっており、保証料率は0.188~2.7%の間で設定されることになります。

もちろん、多くの売掛先を抱えている企業であれば、それらの売掛先にまとめて保証をかけることもできます。

トラスト&グロースでは3社以上から一括保証に対応しており、保証先が増えるほど保証料率は下がるシステムになっています。

たとえば、合計7社の売掛先に保証をかけておきたい場合、保証金の総額が2000万円、保証料率が0.55%、保証期間が6ヶ月であったならば

2000万円×0.55%×6ヶ月=66万円

の保証料で保証を受けることができることになります。 

 

利用事例をみてみる

AdobeStock_48594775_R

買取ファクタリングは非常にイメージしやすいものですが、保証ファクタリングは実際のところどのような利用がなされているのか、イメージしづらい人もいると思います。

そこで、実際の利用事例を見て行くことにしましょう。

・T社の事例

主にバッグなどの素材となる革や布を取り扱っている、卸売業のT社の事例を見てみましょう。

昨今の国内の製造業界は、海外勢に押されてなかなか経営が厳しい状態であり、自社でリスクを負うことが難しいため、T社は支払保証を利用することにしました。

厳しい経営の中では新規取引にも積極的になる必要があるのですが、信用力が不明な取引先による回収リスクは背負いたくなかったからです。

しかし、当初利用していた保証会社では、実際に倒産などによって回収困難になった場合に、保証額が出にくく、それほど恩恵を受けることができませんでした。

そのため、T社はトラスト&グロースの保証ファクタリングに乗り換えることにしました。

卸売業であり、多数の売掛先を抱えているT社は、多数の売掛先をまとめて保証してもらうプランを利用しました。

以前は、高額の売掛先のみに保証をかけていたのですが、トラスト&グロースに乗り換えたことによって容易にまとめて保証することが可能となったのでした。

実際に回収不能になったとき、期待以上の保証額を受け取ることができ、運転資金不足に陥ることを防ぐことができました。

保証先を追加する場合にも、審査がスピーディに行われることもメリットです。

展示会などで完成品を販売する場合には、取引先をいかにスピーディに判断するかということが求められるため、保証会社の審査にもスピードが要求されるのですが、トラスト&グロースはそのニーズにも十分応えているようです。

・M社の事例

M社は、オリジナルブランドを中心として、全国の百貨店や小売店に洋服を卸している会社です。

会社の経営が順調に行くにつれて掛け売りも多くなってきたM社は、リスクを軽減するべく保証会社を利用することになりました。

当初は、損害保険会社を利用していたのですが、限度額が足りないことや保証対象となる条件が細かすぎたため、無駄が多いと感じていました。

そこで、より無駄のない保証をうけるべく、トラスト&グロースに乗り換えることにしました。

多くの保証会社が倒産のみを対象としているのに対し、支払遅延も対象にしていることから、非常に満足のいく利用が可能となりました。

特に、売上額に関係なく、自社が選んだ取引先だけにまとめて保証をかけることができるため、保証料に無駄がなくなりました。 

 

まとめ

47145034_m_R

一口にファクタリングといっても、ファクタリングの形式には買取ファクタリングと保証ファクタリングの2種類があり、自社のおかれている状況によって使い分ける必要があります。

保証ファクタリングは、回収リスクを軽減するのに大きな効果を表すものであり、緊急に資金繰りがない企業もリスクマネジメントに取り組む際に利用価値があります。

もちろん、トラスト&グロース以外にも保証ファクタリングを提供している会社は色々ありますから、自社に合う保証先を選んでみてください。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • ゼロから学ぶファクタリング、中小企業経営者の必須知識

  • ファクタリングは資金繰りの救世主になるか?基本をリサーチ

  • ファクタリングを使った支払サイト調整と資金調達法

  • 与信管理は大丈夫ですか?ファクタリングで負担を軽減しよう

  • ファクタリングのメリットを徹底解説!こんなメリットも!

  • 売掛金未回収…そんなリスクを一挙に解決できるファクタリング