人材確保等支援助成金

助成金

離職率低下に役立つメンター制度とは?メリットは?助成金は受給できる?

若手の離職率を下げるためには、労働条件の改善や賃金の増額など、色々な取り組みが考えられます。 しかし、そのような条件の改善だけではなく、人間関係の改善に取り組むことも重要です。 人間関係を理由に離職する若手は非常に多いため、ここ...
助成金

たくさんのコースがあって分かりにくい人材確保等支援助成金についてまとめてみました

現在の日本では、生産年齢人口の減少により、人材確保に苦労している会社が増えています。 特に近年、政府が働き方改革を推進し、有給休暇の取得や時間外労働の上限などが法的に規制されています。 これにより、人材不足が深刻化している会社が...
助成金

人間関係に悩んで離職する若手は多い。助成金を活用しながら良好な環境を築くためには?

若手の離職率が高く、従業員の高齢化に悩んでいる中小企業が増えています。 そのような会社では、若手の離職率低下が急務となっています。 若手の離職率を下げるためには、自社で若手の離職が起こっている理由を探し、改善に取り組む必要があり...
助成金

最大750万円の助成金が受給できる「人材確保等支援助成金(働き方改革支援コース)」とは?

働き方改革によって、会社側の負担が大きくなり、経営が苦しいと感じている会社は少なくないと思います。 賃金アップ 有給休暇の付与の義務化 所定時間外労働の削減 など、人件費負担は重くなり、労働力の確保は困難になり、...
助成金

法改正で時間外労働の上限規制へ。具体的にはどんな内容?使える助成金は?

働き方改革が推進されている昨今、労働基準法の改正など、かなり具体性ある施策が打ち出されています。 先日4月1日には、有給休暇付与の義務化が施行されていますし、来年4月1日(中小企業の場合。大企業は今年4月1日施行)には時間外労働の上限...
助成金

賃金条件を理由に離職する若手は多い。賃金の改善で離職率を下げよう

若手の人材の離職率が高く、人材不足に悩んでいる会社は多いと思います。 若手の離職率を下げるために、試行錯誤している会社は多いはずです。 若手の離職率を下げるためには、若手が離職に至る理由を知り、自社で離職を引き起こしているものか...
助成金

働き方への不満から起こる離職を防ぎ、助成金の活用を加速しよう!

人材不足に悩んでいる会社では、人材確保のために様々な取り組みを実施していることと思います。 しかし、根本的な問題を見過ごしているために、十分な効果が得られないことも多いです。 根本的な問題の一つに、離職率の高さがあります。 ...
助成金

4月から始まった有休付与義務化。制度を正しく知り、助成金の活用を考える

平成31年4月1日より、有給休暇について改正された労働基準法が施行されることとなりました。 これまで、会社が有給休暇を付与しなければならないのは、従業員の申し出があった場合に限られていました。 しかし、法改正によって、従業員の申...
助成金

離職率の高い建設業。利用できる助成金はこんなにたくさん!

建設業は、他の業種と比較して離職率が高い業種です。 これは、一般的な理由による離職だけではなく、建設作業中の事故による離職も起こりやすいからです。 このため、建設事業者の雇用保険料は高めに設定されています。 建設業者は離職...
助成金

生産性改善で人材確保支援助成金とキャリアアップ助成金の二重取りを目指す

資金繰りが苦しい会社では、生産性が低いことが原因になっているケースがよくあります。 生産性が低ければ、手元に残る利益は圧迫され、社員の人件費負担も重くなり、資金繰りに悪影響を与えるのです。 そこで、経営改善を進める場合には、生産...
助成金

人材不足の深刻化と人件費の増加。それに対処するための助成金

中小企業の人材不足が深刻になっています。 良い人材を雇い、長く安定して働いてもらうことによって、経営は安定します。 このような人材確保が困難になっていること、今後も一層困難になっていくと考えられることから、中小企業はこの問題への...
助成金

社員一人当たりの生産性を高めよう。収益性は改善され、助成金ももらえる!

会社が盛っているヒト・モノ・カネの経営資源のうち、特に有用なものはカネです。 全て欠かすことができないものですが、カネが回らなくなれば、会社は倒産するほかありません。 そこで、手元資金を確保するために、儲けを高めていくことが重要...
タイトルとURLをコピーしました