資金繰り

資金繰り

日本政策金融公庫は役立つ。しかし頼りすぎてはいけない理由

中小企業の中には、日本政策金融公庫から融資を受けている会社が少なくありません。 民間金融機関から融資を受けられない会社でも、日本政策金融公庫から融資を引き出して資金繰りを維持することが可能であるため、非常に役立つ存在なのです。 ...
融資

銀行融資を受けるのは難しくない!それは銀行が〇〇と考えているから

当サイトを見ている人の多くが、資金繰りに何らかの悩みを抱いており、銀行から融資を受けることが難しいと考えていると思います。 しかし、まともな経営をしていれば融資は受けられるものであり、銀行も融資することで利息収入を得たいと考えており、...
資金繰り

過剰在庫を抱えて資金繰りが苦しい?運転資金を引き出すポイント

仕入計画の失敗や需要の急激な変動などにより、過剰在庫を抱えてしまうことがあります。 その商品が短期間のうちに販売できるならば、過剰在庫を抱えていても大きな問題はありませんが、実際には資金繰りや業績に悪影響をもたらすケースが非常に多いも...
融資

会社の成長のためにはたくさん借りたほうがいい理由とは?

会社経営には資金が必要不可欠であり、そのためには銀行から融資を受ける必要があります。 それも、単に必要な融資を受けていくのではなく、できるだけたくさん借りておくほうがいいのです。 しかし、たくさん借りるべきだと言えば、「無借金経...
融資

低金利で資金調達できる新型コロナウイルス感染症特別貸付とは?

新型コロナウイルスの収束が見えず、経済への打撃が加速度的に拡大しています。 一部の試算によれば、新型コロナウイルスによる2020年の経済的損失は、全世界で100兆円にのぼるとも言われています。 日本においても、中小企業の資金繰り...
助成金

セーフティネット保証の要件に該当しない?ならば政府系金融機関に相談を

新型コロナウイルスの拡大によって、中小企業の経営が行き詰る懸念が濃厚になりつつあります。 このため、政府は2月28日、中小企業の資金繰りを支援すべく、セーフティネット保証4号の実施を表明しました。 ただし、今回実施されることとな...
資金繰り

セーフティネット保証で新型コロナウイルス対策。4号と5号の違いと使い分けについて

新型コロナウイルスにより、資金繰りが圧迫されている中小企業が急増していることを受けて、政府は2月28日、セーフティネット保証4号の実施に踏み切りました。 セーフティネット保証4号は、突発的な原因によって経済への深刻な影響が懸念される場...
資金繰り

新型コロナウイルス対策でセーフティネット保証4号が実施へ。通常の融資との違いは?

今年に入ってから、新型コロナウイルスが猛威を振るっています。連日の報道からも、その影響の大きさは明らかですが、特に中小企業者において売上の減少と資金繰りの悪化が深刻になりつつあります。 これに対処すべく、政府は2月28日、セーフティネ...
資金繰り

融資担当者が語る財務分析(3)借入金の増減は内容次第

資金繰りのためには融資を受けるのが普通であり、ほとんどの会社の決算書には借入金が計上されています。 銀行が融資を実行した場合、その融資資金が借入金として計上されることになりますから、銀行員にとって借入金という科目は重視すべきところです...
資金繰り

融資担当者が語る財務分析(2)現預金と資金繰りの密接な関係について

前回は、売上高と利益率について話を伺いました。 しかし、融資稟議では資金繰りの良し悪しが核となり、売上高と利益率から知り得た情報だけでは不十分です。 そこで、融資担当者は引き続き財務分析を進めていきます。 売上・利益に続い...