資金繰り

助成金

セーフティネット保証の要件に該当しない?ならば政府系金融機関に相談を

新型コロナウイルスの拡大によって、中小企業の経営が行き詰る懸念が濃厚になりつつあります。 このため、政府は2月28日、中小企業の資金繰りを支援すべく、セーフティネット保証4号の実施を表明しました。 ただし、今回実施されることとな...
資金繰り

セーフティネット保証で新型コロナウイルス対策。4号と5号の違いと使い分けについて

新型コロナウイルスにより、資金繰りが圧迫されている中小企業が急増していることを受けて、政府は2月28日、セーフティネット保証4号の実施に踏み切りました。 セーフティネット保証4号は、突発的な原因によって経済への深刻な影響が懸念される場...
資金繰り

新型コロナウイルス対策でセーフティネット保証4号が実施へ。通常の融資との違いは?

今年に入ってから、新型コロナウイルスが猛威を振るっています。連日の報道からも、その影響の大きさは明らかですが、特に中小企業者において売上の減少と資金繰りの悪化が深刻になりつつあります。 これに対処すべく、政府は2月28日、セーフティネ...
資金繰り

融資担当者が語る財務分析(3)借入金の増減は内容次第

資金繰りのためには融資を受けるのが普通であり、ほとんどの会社の決算書には借入金が計上されています。 銀行が融資を実行した場合、その融資資金が借入金として計上されることになりますから、銀行員にとって借入金という科目は重視すべきところです...
資金繰り

融資担当者が語る財務分析(2)現預金と資金繰りの密接な関係について

前回は、売上高と利益率について話を伺いました。 しかし、融資稟議では資金繰りの良し悪しが核となり、売上高と利益率から知り得た情報だけでは不十分です。 そこで、融資担当者は引き続き財務分析を進めていきます。 売上・利益に続い...
資金繰り

融資担当者が語る財務分析(1)売上高と利益率から資金繰りを考える

融資を受ける際には、銀行から審査を受ける必要があります。 その審査では、会社の返済力を見極めて、融資してもよいかどうかを検討していくのですが、これについては多くの経営者が知っていることと思います。 しかし、具体的に返済力をどのよ...
資金繰り

売上増でも赤字になるのはどうして?原価計算が役立っていないのかも・・・

資金繰りを管理していくためには、原価を正しく管理していくことが非常に重要となります。 これができていない会社では、原因不明の赤字に悩まされる可能性もあります。 しかし、原価計算にきちんと取り組んでいるつもりの会社でも、原価計算の...
その他

年商によって税務処理の方針と税理士選びはどのように変わる?

会社ごとに年商は様々ですが、一般的にこうすべきというイメージに捉われたり、あるいは何の基準も持っていないことによって、自社の年商に適した税務処理ができていない会社があります。 税務処理の方針を誤れば、当然ながら税理士をどう選ぶか、選ん...
資金繰り

成長期の中小企業が心がけるべき6のポイント

本稿をお読みの中小企業の経営者の中には、事業が少しずつうまくいって年商も伸びており、成長期の真っただ中であるという人もいるのではないでしょうか。 成長期は、会社にとって非常に頼もしい時期ですが、成長に伴って資金不足に陥ることも多く、色...
資金繰り

銀行融資以外の資金調達法は何がある?資産売却・出資・知人や親戚からの借入の考え方

銀行からの融資は、会社にとって生命線と言えるものであり、銀行からの資金供給が途絶えてしまうと、会社の資金繰りは非常に困難になります。 しかし、財務や業績に問題がある会社では、融資を断られてしまうこともあります。 会社が生き残って...