過度な労働で若手は離職する。助成金を受給しながら雇用条件の改善を!

人材不足に悩んでいる会社では、若手の離職率を下げるために苦心している会社も多いはずです。

そのような会社では、若手が離職する理由を正しく知り、離職の原因を取り除いていく必要があります。

若手が離職する理由の中でも、最も多いのが「労働時間・休日・休暇の条件の悪さ」です。

つまり、過度な労働を強いられる会社では、若手の離職が起きやすいのです。

そこで本稿では、労働時間・休日・休暇の条件が若手の離職につながる理由と、これに対処するための方法、そして助成金の活用について解説していきます。

労働時間・休日・休暇の条件で離職は加速

人材不足に陥っている中小企業が多い昨今、若手の人材を確保したいと考えている会社は多いです。

特に、従業員の高齢化が進んでいる会社では、技術やノウハウを中高年の従業員から若手の従業員へと継承し、長期的な安定につなげていくためにも、若手の確保が急務となっています。

しかし同時に、人材不足ゆえに従業員の労働環境が悪くなっている会社も多いものです。

少ない人材で事業を回していくためには、従業員に長時間の時間外労働や休日出勤を求めたり、有給休暇を取得できない環境になっていることが多いのです。

人材不足だからこそ、従業員にそのような労働を求めることは、ある意味で仕方がないことかもしれません。

しかし、労働時間・休日・休暇の条件が悪ければ若手は定着しにくく、会社はジレンマに悩むことになります。

CF イエロー
CF イエロー
人手不足だから長時間労働や休日出勤も仕方ない、という意識を変える必要があるね。

離職の最大の理由とは

離職は、出産・育児・病気・介護などの特殊な場合を除けば、大部分が雇用環境の不満が理由となっています。

中でも、労働時間・休日・休暇の条件が悪いことを理由として離職する人は非常に多いです。

厚生労働省の調査でも、入社3年以内に離職する若年者のうち、22.2%が労働時間・休日・休暇の条件の悪さを理由に挙げています

この数値は、あらゆる離職の理由の中で最も大きな数値です。

このことから、若手の離職率を低下させるためには、これらの条件の改善が欠かせないと言えるでしょう。

CF ブルー
CF ブルー
賃金条件が悪い、会社の将来性が不安、といったことも離職の理由になるが、労働時間・休日・休暇の条件はそれ以上に離職につながりやすいのだ。

実際の離職の例

筆者の友人の中にも、入社3年以内で離職した人がいますが、最大の理由は労働時間が長い、休日出勤が多い、休暇が取れないことでした。

高校の教師というやや特殊な仕事ですが、平日は当たり前に出勤し、休日も部活動の顧問として出勤し、週に1回も休みがないという、労働基準法など完全無視の労働を強いられていました。

学校上層部は、新任教師の「生徒の世話をしなければならない」という立場につけ込み、過度な労働を強いていたのです。

その友人は、あまりにも休暇がないことに悩み、離職しました。

離職後、転職活動で際に雇用条件で重視したのは「週に1~2日の休みがあるか」ということでした。

筆者の友人の場合、あまりにも条件が劣悪であり、このような真っ黒な会社は少数派かもしれません。

CF イエロー
CF イエロー
しかし、一般の会社でも、共通する部分は多いはずよ!

顧客あっての商売ですから、人材不足の状態で顧客の希望に応えるためには、時間外労働や休日出勤によって、対応しなければなりません。

繁忙期であったり、大型の受注契約を結んだりしたタイミングであれば、従業員側もある程度は納得して働くことができます。

しかし、慢性的な人材不足に陥り、労働時間・休日・休暇の条件が常に悪くなっているならば、従業員は過酷な労働を、先が見えないまま強いられることになります。

これでは、離職率が高まっても当然と言えます。

CF レッド
CF レッド
過度な労働は従業員の幸福度を大きく下げる。働いても働いても先が見えない会社で、働き続けたいと思うだろうか?

悪循環の原因になる

また、筆者の友人のように、雇用の条件として当たり前の労働時間や休日を求めている人も多いです。

労働時間や休日の条件に問題がある会社では、良い人材が集まらない原因になり、人材不足がさらなる人材不足を引き起こす、悪循環に陥る可能性も高いです。

このほか、政府は有給休暇付与の義務化、時間外労働の上限規制などを進めているため、労働時間や休日・休暇の条件に問題がある会社では、様々なペナルティを受けるリスクも高まっています。

具体的には、罰金を支払わなければならない、従業員から訴訟を起こされる可能性がある、助成金を受給しにくくなるなどのペナルティがあり、これも一層の悪循環につながります。

離職率を下げると同時に、ペナルティを受けるリスクを避けるためにも、労働時間・休日・休暇の条件を改善していくことが重要です。

CF ブルー
CF ブルー
悪循環から抜け出すためにも、思い切って改善に取り組んでいくべきだね!

CF ブルー
CF ブルー
返す必要のない、助成金で資金調達する方法もあります。

助成金についての関連記事はこちら

3つの対処方法は

これに対処するためには、労働時間を削減する、休日出勤を減らす、有給休暇の取得を促進するといった対処が必要となります。

最も効果的なのは、積極的に人材を雇い入れることです。

これによって、少ない人数で事業を回す必要がなくなり、労働時間・休日・休暇の条件を改善することができます。

とはいえ、そもそも人材不足に悩んでおり、離職率も高い会社にとって、人材を雇い入れるだけでは根本的な対処にはなりません。

そこで、人材確保を進めると同時に、労働時間・休日・休暇の条件の改善に取り組み、離職率の低下を図る必要があります。

具体的には、以下のような取り組みが考えられます。

労働能率の改善

労働時間が長い会社や、休日出勤が多い会社では、一般的な所定労働時間だけでは業務をこなしきれず、時間外労働や休日出勤に至ります。

そこで、労働能率を上げることによって、長時間労働や休日出勤の必要がない体制を作っていくことが欠かせません。

労働能率を上げることは、労働時間の削減と休日出勤の削減の両方に効果が期待できます。

逆に言えば、労働能率がそれほど上がらない状態で労働時間を削減すれば、そのしわ寄せが休日出勤につながることがあります。

CF イエロー
CF イエロー
逆もまた然りだから、労働能率の改善は必須と言えるわ!

そのためには、労働能率の向上つながる工夫や、設備の導入が効果的です。

ただし、設備を導入するには相応のコストがかかります。

助成金の活用によって、ある程度のカバーも可能ですが、設備の導入だけを考えていると、十分な効果が得られないことも多いです。

したがって、資金的に余裕がない会社では、労働能率の向上から取り組むのがおすすめです。

そのために参考になるのが、日本一の企業であるトヨタの取り組みです。

小さな改善の積み重ね

なぜトヨタが日本一になり得たかといえば、トヨタの長い歴史の中で、絶えず労働能率向上のために工夫し続けたことが大きいでしょう。

大企業であるトヨタの方式と聞けば、中小企業には無縁のものに思えるかもしれませんが、決してそうではありません。

トヨタ方式は、小さな無駄を徹底的に取り除くことを基本としており、中小企業でも十分に取り組めるものです。

その積み重ねが、トヨタという大企業の強みになっています。

無駄を削減し続けてきたトヨタでさえ、未だに無駄を見つけ、削減に努めています。

これまで、意識的に無駄を探してこなかった中小企業でも、様々な無駄があるはずです。

作業スピードの平準化、付加価値を生まない動作の見直し、必要のない工程の削減、工程のバランスの改善など、小さな無駄を削減していけば、やがて大きな効果が得られます。

このような労働能率の改善に取り組んでいけば、

  • 「A~Gの工程のうち、工程Cで起こるミスが不良品の増加につながっている。工程Cでの検品作業を増やそう」
  • 「工程Dに時間がかかり、全体の生産性が低くなっている。設備を導入し、工程Dにかかる時間を他の工程と同じ水準に引き上げよう」

といった判断もできます。

つまり、設備の導入や人材の雇用などに、的確に資金を投じることができ、さらなる労働能率の向上につながるのです。

CF レッド
CF レッド
無駄を削減する意識を持てば、労働能率は確実に上がっていくだろう!

※労働能率の改善の具体的な方法について、詳しくはこちら

→トヨタ方式に学ぶ労働能率の改善。これで助成金の加算は約束された

労務管理の改善

労働時間を削減するためには、労働能率の改善と同時に、労務管理の効率化に取り組むと効果的です。

労務管理担当者への研修や、労務管理を効率化するソフトウェアや機器の導入によって、より正確な労務管理が可能となります。

例えば、クラウド勤怠システムを導入し、それぞれの従業員の時間外労働、休日出勤、有給休暇の取得などを正確に把握すれば、

  • 労働時間が長い従業員や、休日出勤が多い従業員を把握し、一部の従業員の過度な労働を防ぐ
  • 各従業員の有給休暇の取得日数を把握し、有給休暇を十分に取得できていない従業員に有休消化を促す

といった取り組みが可能となります。

これに加えて、過度な労働を防ぐために、労働時間の上限を設定しておけば、その時間以上に働く従業員はいなくなり、労働時間を不満として離職する従業員は大幅に減らすことができます。

CF ブルー
CF ブルー
ずさんな労務管理をしていると、会社が思っている以上に従業員の負担が増えてしまうぞ。

働き方の見直し

このほか、テレワークの導入などによって、働き方を見直すことも効果的です。

1日の労働時間は、始業から終業までを労働時間として考えるのが普通ですが、通勤に時間がかかる場合には、実際に勤務した時間と通勤時間のトータル、つまり仕事のために拘束された時間で考える人も多いです。

テレワークを導入することで、必ずしも出社しなくてよい仕事は自宅でやってよい仕組みを作れば、仕事のために拘束される時間は減り、従業員の不満は解消されます。

「会社が遠いから」という理由で離職する人も減ります。

このほか、テレワークの導入によってサテライトオフィスの活用が可能になれば、業務効率も上がり、労働時間の削減につながります。

CF レッド
CF レッド
政府はテレワークの導入に力を入れている。今こそ、導入を検討すべきかもしれないな!

CF レッド
CF レッド
もし今、資金繰りにお困りなら、こちらの窓口に相談されてみてはいかがでしょうか。

ファクタリングジャパンについての関連記事はこちら

助成金も活用しやすい

労働時間・休日・休暇の条件を改善するにあたって、多くの助成金を受給することができます。

政府が推進している働き方改革は、多様な働き方ができる社会の創出を目指しています。

多様な働き方が可能となれば、従来の一般的な勤務ができない事情を抱える人でも働きやすくなり、経済的に大きな効果が見込めます。

その一環として、生産性の向上が欠かせません。

生産性が低い会社では、どうしても労働時間が長い、休日出勤が多い、有給休暇が取得しにくいといった、会社都合での勤務を強いられることが多く、多様な働き方が難しくなるからです。

したがって、政府は働き方改革を推進するためにも、労働時間の削減、休日出勤の削減、有給休暇の取得促進などにつながる取り組みを実施した会社に、様々な助成金を支給しています。

これらの助成金を活用すれば、会社は取り組みによる負担を軽減しながら

  • 生産性を向上させる
  • 労働時間・休日・休暇の条件も改善する
  • 若手の離職率も低下させる
  • 人材不足を解消する

ことができます。

具体的には、以下のような助成金があります。

時間外労働等改善助成金

最も活用の幅が広い助成金は、時間外労働等改善助成金です。

時間外労働等改善助成金には複数のコースが設けられており、自社で離職につながっている理由を分析した後、優先度の高いものから取り組んでいくのが良いでしょう。

時間外労働上限設定コース

時間外労働上限設定コースは、長時間労働を見直し、労働時間の縮減に取り組む会社に支給される助成金です。

2020年4月1日には、中小企業も時間外労働の上限規制の対象となるため、長時間労働から脱け出せていない会社では、早急に取り組むべき助成金と言えます。

時間外労働上限設定コースでは、

  • 時間外労働時間数で月45時間以下かつ、年間360時間以下に設定
  • 時間外労働時間数で月 45時間を超え月60時間以下かつ、年間720時間以下に設定
  • 時間外労働時間数で月60時間を超え、時間外労働時間数及び法定休日における労働時間数の合計で月80時間以下かつ、時間外労働時間数で年間720時間以下に設定

のいずれかの成果目標を設定し、労務管理の改善、労働能率増進のための機器の導入、就業規則や労使協定の変更などに取り組みます。

取り組みの結果、成果目標の達成状況に応じて、最大で200万円の経費助成を受給することができます。

さらに、取り組みの結果として休日が増えた会社に対しては、最大で100万円の加算も受けられます。

CF イエロー
CF イエロー
時間外労働等改善助成金の中でも、最も支給額が大きいコースはこれよ!

※時間外労働上限設定コースについて、詳しくはこちら

→時間外労働等改善助成金の時間外労働上限設定コースを使えば、時間外労働の上限規制がチャンスになる

職場意識改善コース

今年4月から、有給休暇の付与の義務化が始まりました。

これまでは、企業の有給休暇に対する取り組みは曖昧なものでしたが、労働基準法が改正されたことによって、

「有給休暇を年10日以上取得する権利がある従業員に対して、会社は年5日以上の有給休暇を付与する義務がある」

と明確に定められたのです。

義務化への対応のためにも、また若手の離職率を下げるためにも、有給休暇の取得促進に取り組むにあたって、時間外労働等改善助成金の職場意識改善コースが役立ちます。

職場意識改善コースは、有給休暇の取得を促進した会社に助成金を支給するものです。

職場意識改善コースでは、

  • 年次有給休暇の取得促進(このコースで規定されている特別休暇を1つ以上導入する)
  • 時間外労働の削減(時間外労働を月間平均で5時間以上削減する)

に取り組みます。

対象となる取り組みは、時間外労働上限設定コースとほとんど変わりません。

CF イエロー
CF イエロー
取り組みの結果、成果目標を達成した会社には、最大で100万円の経費助成が支給されるよ!

なお、時間外労働上限設定コースと職場意識改善コースで求められる成果は似ていますが、取り組みの内容が異なる場合には、両方のコースで受給することも可能です。

例えば、

  • 労務管理の改善、専門家のコンサルティング、労働能率増進のための設備の導入によって、時間外労働を削減する
    →時間外労働上限設定コースの受給
  • 従業員へ業務研修、さらなる労働能率増進のための機器の導入によって、有給休暇の取得を促進し、時間外労働を削減する
    →職場意識改善コースの受給

といった方法が考えられます。

CF レッド
CF レッド
時間外労働の削減は月平均5時間以上で、達成しやすいことに注目して!

※職場意識改善コースについて、詳しくはこちら

→助成金をもらいながら業務効率化を図り、有給休暇付与の義務化にも対応する方法はこれだ

テレワークコース

テレワークの導入は、自宅勤務を可能とすることで通勤時間を削減したり、サテライトオフィスの活用によって業務を効率化したりする効果があります。

これによって、労働時間・休日・休暇の条件が改善されれば、若手の離職防止につながります。

テレワークコースでは、以下の成果目標が定められています。

  • 評価期間に1回以上、対象労働者全員に、在宅又はサテライトオフィスにおいて就業するテレワークを実施させる
  • 評価期間において、対象労働者が在宅又はサテライトオフィスにおいてテレワークを実施した日数の週間平均を、1日以上とする
  • 年次有給休暇の取得促進について、労働者の年次有給休暇の年間平均取得日数を前年と比較して4日以上増加させる。又は所定外労働の削減について、労働者の月間平均所定外労働時間数を前年と比較して5時間以上削減させる

テレワーク用通信機器の導入・運用、クラウドサービスの導入などに取り組んだ会社には、成果目標の達成度に応じて、最大で150万円の経費助成を受給できます。

テレワーク導入のコストをカバーするために、非常に役立つ助成金です。

CF ブルー
CF ブルー
テレワークの導入にはお金がかかりそうなイメージがあるけど、これだけ受給できれば安心だね。

※テレワークコースについて、詳しくはこちら

→テレワークの導入で経営はどう変わる?使える助成金はある?

TOKYO働き方改革宣言企業制度

時間外労働等改善助成金は、多くの会社で活用できるものであり、若手の離職率低下にも大きな効果が見込めます。

このほか、東京都内で営業している会社に限られますが、東京都産業労働局が実施している「TOKYO働き方改革宣言企業制度」を活用することで、助成金を受給することができます。

TOKYO働き方改革宣言企業制度を利用すれば、最大で110万円の助成金を受給することができるだけではなく、生産性向上支援のコンサルティングを無料で受けることができます。

なお、最大支給額の110万円は、様々な取り組みを全て実施した場合の合計額です。

自社で可能な取り組みだけ、必要な取り組みだけを選んで実施し、その成果に応じて受給できるため、使い勝手の良さも魅力的です。

ただし、時間外労働等改善助成金に比べて、取り組みの内容がやや複雑となっています。

それだけに、労働時間・休日・休暇条件の改善に着実な効果が期待できるとも言えます。

CF ブルー
CF ブルー
東京都以外の会社も、自社を対象エリアとなる助成金を探してみよう!

※TOKYO働き方改革宣言企業制度について、詳しくはこちら

→東京都が実施する「TOKYO働き方改革宣言企業制度」ではどんな支援をしている?

CF イエロー
CF イエロー
売掛金、今すぐ現金化できます。フォーム送信で調達額がすぐに分かるサイトがこちら。

メンターキャピタルについての関連記事はこちら

助成金の活用を加速しよう

時間外労働等改善助成金やTOKYO働き方改革宣言企業制度に取り組めば、それぞれの制度において多くの助成金を受給できますが、他の助成金を活用する際にも様々なメリットがあります。

多くの助成金では、基本的な支給額に加えて、生産性要件を満たした場合に追加助成を支給しています。

労働時間の削減、休日出勤の削減、有給休暇の取得促進に取り組むには、生産性の向上が欠かせません。

つまり、これらに取り組んだ結果、

  • 若手の離職率が低下する
  • 様々な助成金で追加助成を受給できる可能性が高まる

という効果が期待できるのです。

今後、中小企業では、助成金活用の重要性がますます高まっていくことでしょう。

離職率低下を通じて生産性を上げていけば、色々な助成金を活用するたびに追加助成を受給できる可能性が高まり、助成金の活用は加速していきます。

せっかく若手の離職率低下に取り組むならば、追加助成の受給も見据えて取り組んでいくのがベストです。

CF イエロー
CF イエロー
若手の離職率を下げながら、メリットを広げていこう!

CF 戦隊
CF 戦隊
業界最大手の資金調達プロなら、10社のうち9社で資金繰りが改善しています。

資金調達プロに関する関連記事はこちら

まとめ

若手の人材は、労働時間・休日・休暇の条件に悩み、多くの人が離職していきます。

したがって、若手の離職率を下げたい会社では、これらの条件を改善していくことが欠かせません。

そのためには、新規雇用によって従業員一人当たりの負担を軽減していくと同時に、労働能率の改善、労務管理の改善、テレワークの導入などによって負担の軽減を図り、生産性向上も進めていくべきです。

本稿で紹介した通り、これらの取り組みによって受給できる助成金も多いため、積極的に取り組んでいくことをおすすめします。

最初のコメントをしよう

必須