1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. 一括ファクタリングで資金調達!資金不足を一気に解決する方法

一括ファクタリングで資金調達!資金不足を一気に解決する方法

聞き慣れない一括ファクタリングという方式を利用すると、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

また、このシステムを利用したときに発生する手数料や割引には、どのようなものがあるのかを紹介していきます。

一括ファクタリングの方式

企業の経営者でもファクタリングについてしっかりと理解しているという方は多くありません。

海外ではポピュラーなファクタリングですが日本ではあまり浸透していませんし、積極的に利用している企業も少ないのが現状です。

まだ入ってきていない売り上げを先に現金化して会社の資金にできるファクタリングは上手に活用すれば資金調達の切り札となりますし、実際に日本でもファクタリングを有効活用している企業はあります。

有効活用するためにはまずファクタリングについての正しい知識を身につける必要がありますし、それができて初めてファクタリングを活用できるのです。

ファクタリングにもいくつかの種類がありますが、ここでご紹介するのは一括ファクタリングです。

買取ファクタリングや保証ファクタリングなどいくつかの方法がありますが、一括ファクタリングというのは売掛債権を一括して買い取ってもらうことを指しています。

売掛債権を一括して買い取ってもらうことでさまざまなメリットを得ることができますし、他のファクタリングにはない魅力もあります。

現在では銀行などの金融機関も一括ファクタリングのサービスを提供しているところが多いですし、利用したことがある企業経営者の方もおられるのではないでしょうか。

一括ファクタリングについて調べていると債権譲渡という言葉をよく耳にすると思いますが、債権譲渡というのは支払企業に対してアナタの会社が所有する売上代金などを受け取る権利を譲り渡すことです。

債権譲渡することによってアナタの会社は資金調達の多様化や利便性を図ることが可能となりますし、手形管理事務の効率化にもなるでしょう。

一括ファクタリングの仕組みや方式をもっと詳しく知りたいという方もおられるでしょうが、それは次にお話したいと思います。

ここまでのお話でも何となく理解できたかもしれませんが、このサービスを利用することで支払企業も納入企業もメリットを得ることが可能です。

従来の手形による支払いを廃止することで不渡りなどを出す心配もなくなりますし、決済事務の合理化も図ることができるでしょう。

どちらにとってもウィンウィンとなりますからそれゆえに近年再び注目されているのではないでしょうか。

ここでは一括ファクタリングのシステムや手数料、メリット、デメリット、割引などについての情報をお伝えしますから、今後このサービスを利用したいと考えている方はぜひ最後まで目を通してください。

 

 

一括ファクタリングってどんなシステムなの?

優れた資金調達の方法として知られるファクタリングですが、その中でも一括ファクタリングサービスに注目が集まっています。

従来の商取引だと手形を用いるケースが多かったですし、現在でも手形を用いて取引を行う企業は少なくありません。

手形を振り出した企業は支払いを先延ばしすることができ、資金繰りを楽にすることができますがその代わり不渡りを出す可能性も出てきます。

また、手形を貰った側としても決済期日まで手形を慎重に管理する必要がありますし、取引先の支払期日までに運転資金がショートしてしまうという事態に陥ってしまう可能性もあります。

従来の手形による支払いを廃止しファクタリングのシステムを用いて決済事務の合理化を図るのが一括ファクタリングサービスです。

先ほどもお話したように一括ファクタリングにはたくさんの魅力がありますが、その恩恵を受けるためには正しく一括ファクタリングサービスについて理解することが大切です。

間違った知識を覚えてしまうと有効活用することなどできませんし、まずは正しい知識とシステムについて覚えなくてはなりません。

一括方式のファクタリングのシステムや仕組みはそれほど複雑なものではありませんから、ここでしっかり覚えてください。

まず、アナタの会社に売掛債権が発生したとします。

この売掛債権を一括方式のファクタリングを行う会社や銀行に譲渡しますが、この譲渡に対して支払企業が承諾しなくてはなりません。

支払企業が承諾しないとこの話は進みませんから注意しましょう。

実際には支払企業が納入企業から譲渡事務の委託を受けて行うことになります。

アナタの会社、すなわち納入業者は資金調達のために割引を申し込み、ファクタリング業者や銀行が現金を指定された口座に振り込みます。

当初の決済期日が来ると支払企業がファクタリング会社、銀行に支払代金を一括決済します。

これが一括方式のファクタリングの大まかなシステム、流れとなります。

まったく難しいことはありませんし、複雑なシステムでもないためすぐに理解できるはずです。

支払企業と納入企業、金融機関の三者の信用で成り立つシステムとも言えるかもしれません。

最初にお話したかもしれませんが、この一括方式のファクタリングは支払企業はもちろん納入企業にもたくさんのメリットがあります。

後ほど一括ファクタリングのメリットとデメリットについては改めてお話しますからぜひそちらにも目を通してください。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

一括ファクタリングの手数料

一括ファクタリングの手数料ですが、これはサービスを提供しているファクタリング会社や金融機関によって変わってきます。

サービスを提供している業者によって手数料は変わってきますから、いくつかの業者や金融機関をピックアップして手数料を比較してみるのも良いでしょう。

二社間で行われるファクタリングの場合だと売掛債権額の10~30%程度の手数料をとられてしまうことが多いのですが、基本的に一括ファクタリングは三社間での契約となりますから手数料相場は低くなりがちです。

1~5%程度になることが多いのではないでしょうか。

売掛先に債権譲渡の通知を行わない二社間ファクタリングだと債権を買い取る業者は相当なリスクを背負うことになってしまいます。

そのため、基本的に二社間ファクタリングの場合は費用も高くなりがちです。

二社間ファクタリングで売掛先企業が倒産したらファクターはどこからもお金を回収することができませんから、そのため二社間ファクタリングでは手数料も高く設定されることが多いのです。

また、費用は二社間か三社間かだけでなくほかにもいろいろな要素が絡み合って決まります。

先ほども言ったように二社間で行うのか三社間で行うのかで料金は変わってきます。

ただ、一括ファクタリングだと原則三者での取引となりますから費用は安くなる傾向にあります。

売掛先の与信も手数料に大きく関わってくる部分で、売掛先の与信力が高いと費用が安くなりがち、与信力が低いと高くなる傾向にあります。

買い取ってもらう売掛債権の額が少ないと費用が安くなる傾向にあり、額が多いと高くなることが多いです。

そのファクタリング会社や金融機関でファクタリングサービスを利用するのが初めてか、それとも二回目以降なのかによって手数料が変わってくることもあります。

一括ファクタリングの場合だと何度も言うように三社間での契約となりますから、基本的に手数料は安くなりがちです。

ただ、それでもどこの業者に依頼するかで費用が変わってきますから注意しましょう。

現在では民間のファクタリング会社もたくさんありますし、さまざまな銀行が一括ファクタリングサービスを提供しています。

銀行のほうが手数料は安くなると思いますが、これも銀行によってまちまちですから事前に確認することをお勧めします。

気になる会社をピックアップして自分にマッチする会社や金融機関を選べば良いのではないでしょうか。

参考にしてください。

 

 

一括ファクタリングのメリット・デメリット

一括ファクタリングサービスのメリットについてご紹介しましょう。

一括方式のファクタリングにはさまざまなメリットがありますし、大手企業を中心に利用している企業は増えています。

支払企業側のメリットとしては手形発行事務の軽減が図れるということが挙げられ、従来の手形取引のように面倒くさい手続きをする必要もありません。

また、手形を振り出すときには収入印紙も必要となりますが、一括方式のファクタリングを利用するのなら印紙代も必要なくなります。

印紙税を節税できトータルでの経費削減にもなります。

基本的に一括方式のファクタリングというのは信用力のある会社しか導入できません。

信用のない会社にサービスを提供してしまうとファクタリング会社や銀行が大きなリスクを背負うことになってしまいますから、一括方式のファクタリングを導入しているということはそれだけ信用のある会社ということになります。

対外的に信用力がある企業としてアピールできますし、ステータスシンボルにもなります。

納入企業のメリットはさらに多く、まずは手形の管理事務の効率化を図ることが可能になります。

期日管理はもちろん手形事故の防止にもなるでしょう。

手形受領書の印紙税の軽減を図れますし、社内の経費節約にも一役買ってくれます。

また、資金調達の多様化と利便性が図れるというのは最大の魅力ではないでしょうか。

必要な資金を自由に調達することが可能となりますし、従来とは異なる新しい資金調達が可能となります。

企業にとって資金の確保は重要なことですし、資金調達に頭を悩ませる企業にとってファクタリングは有効です。

場合によっては低利での資金調達が可能になることもありますし、売掛債権の譲渡によって財務の改善も図れるでしょう。

デメリットとしては、先ほども言ったようにこの一括方式のファクタリングは信用力のある企業しか導入が難しくなっています。

そのため、どのような会社でも利用できるシステムではないということが大きなデメリットとなるでしょう。

また、手数料もかかりますからこれもある意味デメリットとなります。

ただ、印紙税の節税などもできるため手数料がそこまで大きなデメリットかというと少々疑問です。

代表的なデメリットだとだいたいこんなところですが、ここからも理解できるようにこの一括方式のファクタリングはメリットに比べてデメリットは非常に少ないです。

導入できるのならそれに越したことはありません。

一括ファクタリングと割引

ファクタリングの個別割引方式と一括割引方式の違いが分からないという方は少なくありません。

長くビジネスの世界で生きてきた方ならファクタリングのシステムそのものをしっかりと理解できているかもしれませんが、事業を始めたばかりという方や起業しようとしているという方だとファクタリングの仕組みやシステムそのものについても理解できていないでしょう。

そもそもファクタリングは日本であまり浸透していないサービスですし、長くビジネスを続けてきた経営者の方でも分からない、知らないという方はいます。

ファクタリングにおける個別割引方式と一括割引方式についても分からない、理解できないという方はたくさんいるはずですし、今現在頭を悩ませている方もおられるでしょう。

今後ファクタリングサービスを利用しようと思っている、一括ファクタリングを検討しているという方にとってこれらについてきちんと理解しておくのは重要なことです。

正しく理解していないとどっちがお得かも分からずに契約してしまうかもしれませんし、後悔してしまう可能性もあります。

後悔してしまわないよう個別割引方式と一括割引方式の違いについてきちんと理解しておきましょう。

従来では手形での取引だったのがファクタリングになると金融機関から入金されることになります。

個別割引方式を選べば取引先企業への請求が発生するたびに割引入金してもらう日を決めます。

一括割引方式だと従来の集金日にファクタリング会社から割引後の金額が入金されることになります。

どちらにせよ割引は実行されるのですが、一括割引方式のほうが割引率が低くなってしまいます。

一方の個別割引方式だと割引率が高くなるものの資金の必要に応じて入金日を決めることができるため余計な割引料は軽減できるでしょう。

このように、どちらが得でどちらが損ということはありません。

どちらにもメリットがありますしデメリットがあります。

一長一短ですから自社の置かれている状況なども考慮しつつ選べばよいでしょう。

必ずこっちにしないといけない、こっちのほうが絶対にお得ということはありません。

ケースバイケースで変わってきますし何とも言えないのが現実です。

いろいろと迷ってしまうかもしれませんが、自社にとってどちらが最適な選択かを考えながら決めれば良いでしょう。

なんにせよ一括ファクタリングはメリットが多いですから取引先から求められた場合に断る理由はないと思います。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • でんさいのデメリットを徹底解説!こんなデメリットが!

  • ファクタリングのメリットを徹底解説!こんなメリットも!

  • 資金調達には2つある!ABLとファクタリングの違いを徹底解説

  • キャッシュフロー改善!借入とは違うファクタリングの仕組みとは

  • ファクタリングで気になるリスクを徹底解説&ファクタリングの基本

  • ファクタリングは与信管理が肝?リスクを押さえて安定運用