資金難を解決のスペシャリスト、ファクタリングジャパン

資金難のとき、どうしたら良いのか分かりませんよね…

バレたくないので、取引先金融機関には相談できないですし、街の金融業者になんて絶対相談できないですし…

そんなとき、気軽に資金相談ができるのがファクタリングジャパンです。

あなたのお悩み、解決します!

経営者みずから、資金難であることをさらけ出すのは難しいですよね。

よって身近な人であればあるほど、なかなか相談できないものです。

そんなとき、親身に資金繰りの相談ができる相手がいたら、どれだけ心強いことでしょう。

その相談窓口が、ファクタリングジャパンです。

 

相談することで、あなたのお悩みは解決します。

自分で色々悩んでも、頭の中が混乱しているときに、解決の糸口は見つからないものです。

第三者からのアドバイスによって解決はもたらされます。

考え込む前に相談してみてください。

 

やってはいけない資金調達

自分の個人資金を投入

まず始めに考えてしまうことですが、お勧めはできません。

資金繰りの根本的な解決にはなりませんし、若干の個人資金を投入したところで焼け石に水の場合が大半です。

また、個人のお金と法人のお金がごっちゃごちゃになり、申告時に大変面倒なことになります。

そしてあなたの家族は、個人のお金を会社に投下するのを絶対に反対するはずです。

家族の顔を思い浮かべてください。

個人のお金は個人のお金として温存しておきましょう。

 

ビジネスローン

ビジネスローンは個人でいうサラ金と同じです。信用情報に載ります。

取引金融機関に見つかった場合「あ、ローンつまんだな。あそこもダメか…」と判断され、追加融資は絶対に出なくなり、最悪の場合は貸しはがしされることもあります。

ビジネスローンは最終手段とお考えください。

 

家族や知人に借金

これは一番やってはいけないことです。

仮に会社が倒産したとしましょう。破産によって債務は無くなっても、個人間の感情までは無くなりません。

返せなくなったときに一番モメるのが、身内や知人からの借入です。

最悪、返せなくなったときのことまで考えて、個人間の借入は避けましょう。

 

カードローン

カードローンは、個人が信販会社や消費者金融から借金をして会社に資金を入れることです。

個人のお金を会社のために使うのは個人資金投入と同じですが、余剰資金ではなく、新たな借入となりますのでもっとタチが悪いです。

本当に資金が枯渇した際に、代表者への役員報酬を未払いにしたりします。

そうなると個人で借りたカードローンの返済原資がなくなってしまいますので、返済不能となるパターンが多いです。

そして、代表者の個信が汚れます。その辺、金融機関もきちんと見ています。

安易にカードローンに走らないでください。

 

銀行に融資を頼む

銀行のたとえ話でよく使われるのが「晴れたときに傘を貸して、雨が降ると傘を取り上げる」というものです。

銀行も所詮は金貸し。余裕がありそうな顧客にだけ貸し、危なそうな顧客には絶対貸しません。

ポーカーフェイスで「運転資金の融資を…」と取引銀行に申し込んでも、資金繰りに詰まった状態ではどこかぎこちなさが出てしまい、銀行に悟られてしまいます。

資金難のときに銀行から借り入れるのはまず無理と思っていて間違いありません。

 

不動産担保ローン

そもそも論ですが、空き担保のある不動産をお持ちの法人であれば、資金難になる前に調達できるでしょう。

不動産担保ローンは登記する関係上、融資実行まで時間がかかります。近々での支払いには向きません。

不動産を所有していても抵当権がガッチリ付いており、担保としての価値がないパターンが大半です。

すぐの資金調達に不動産担ローンは不向きです。

 

このように、経営者は相談できる相手がいないことからも、自分で色々悩んで金策に走ります。

しかし、経営者の知識内でしか考えられませんので、第三者からのアドバイスが重要になります。

経営者自身では思いつかないことを言ってくれるからです。

その役目を担うのが、ファクタリングジャパンです。

深く悩む前に相談をお勧めします。

 

ファクタリングジャパンの公式サイト

→ http://factoringjapan.jp/

 

最初のコメントをしよう

必須