1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. ビートレーディングって何をしている会社でしょうか?

ビートレーディングって何をしている会社でしょうか?

企業の資金調達にはさまざまな方法がありますが、中でも売掛債権を売却する「ファクタリング」を利用する企業が増えてきています。

ファクタリングは、企業が保有する資産である売掛債権を資金化することですから、借入金が増えることはありませんし、むしろ資金繰りが改善するものです。

融資を受けられずに資金繰りに困っている企業は、ぜひファクタリングを検討してみると良いでしょう。

売掛債権を買い取ってくれるファクタリング会社にもいろいろなものがありますが、中でもビートレーディングは有名な企業です。

ビートレーディングって何をしている会社?

AdobeStock_77209740_R

当サイトでは、ファクタリングについてさまざまな観点から解説をしています。

ファクタリングとは、簡単に言えば売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことによって、資金を調達することです。

ファクタリングは非常に優れた資金調達法なのですが、いざ利用するとなるとどのファクタリング会社に依頼すべきか、悩む人も多いと思います。

そこでお勧めしたいのがビートレーディングです。

商工ローンとファクタリングを同時に取り扱っている業者もありますが、ビートレーディングはファクタリングに特化した、専業のファクタリング会社です。

 

 

ファクタリング会社を選ぶなら専業の業者!

AdobeStock_119323674_R

商工ローンとファクタリングを同時に取り扱っている業者というのは、一見するとよさそうにも見えますが、実際にはそうではないことも多いものです。

そもそも、商工ローンは金利が非常に高いため、それ以外に一切手段がない場合だけ利用すべきものです。

それに、ファクタリングできる売掛債権があれば、商工ローンを利用する必要はないはずです。

商工ローンとファクタリングを同時に取り扱っている業者の中にはあまりよくない業者もあり、ファクタリングは建前だけで、商工ローンをメインで取り扱っている業者もあります。

そのような業者では、ファクタリングの利用を希望して問い合わせを行うと、いろいろと理由をつけて(例えば、審査の結果買取率が高くなるなどと伝えて)商工ローンに誘導してくる業者もあるようです。

もちろん、すべてがそのような業者ということではありません。

しかし、ファクタリング専門の業者を利用すればそのような危険はありませんし、何よりもファクタリングに特化しているだけに、適正な買取率で買い取ってくれたり、適切なアドバイスをくれたりするものです。

ちなみに、ビートレーディングはファクタリング業界でかなり有名なファクタリング会社です。

インターネットで「ファクタリング会社 おすすめ」などで検索すると、たくさんのファクタリング会社を比較したり、数社の優良ファクタリング会社を紹介しているサイトが見つかりますが、ビートレーディングはいつもそこに名前を連ねています。

お勧め業者の第一位として紹介されていることも少なくありません。

ライジング・インベストメントマネジメントや資金調達レスキューといった他の有名なファクタリング会社と並べて紹介されている会社であり、多方面から優良業者であると認められています。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

ファクタリングとは?

17020452_m_R

ではここで、ファクタリングについておさらいしておきましょう。

ファクタリングとは、上述のとおり、企業が保有している売掛債権を買い取ることによって、資金調達を可能とするものです。

通常、取引先に掛売りした場合、数ヶ月先の支払いを約束する売掛債権が発生します。

売掛債権は貸借対照表に流動資産として記載されるものですが、流動資産とは「一年以内に活用可能な資産」のことであり、売掛債権も「“流動”資産」とされていますがそれほど流動性は高くありません。

例えば6ヵ月後に支払いの売掛金が発生した場合、企業には売り上げはあるものの、実際に活用できる資金として入ってくるまでには半年もかかるわけです。

その売掛金を稼ぎ出すためには原材料の仕入れ、商品の仕入れ、製造コスト、人件費などいろいろなコストがかかっているのですから、それを回収するために半年もかかることになります。

この半年の間も、いつもと変わらず支払いはしなければなりません。

特に、銀行から融資を受けて運転資金を回しているならば、借入利息を支払わなければなりませんし、商品や原材料の仕入れは多くの場合掛買いで行っていることでしょうから、買掛金の決済も行わなければなりません。

時期によっては、税金の支払いもあります。

もしこれらの支払いが遅れてしまえば、企業は著しく信用を失うことになり、融資が行われなくなったり、貸しはがしに遭ったり、取引先や業界他社が取引から撤退してしまうかもしれません。

このような事態にならないためには、売掛金の支払期日までのつなぎ資金として、融資に頼るという方法があります。

銀行やノンバンクの商工ローンから借入が可能ですが、銀行は融資に慎重で融資を受けられない可能性も高く、商工ローンは高金利であるため利用しないほうが賢明です。

融資に頼らずに資金を調達しようと思えば、企業の保有する資産を売却するという方法があります。

売却できる資産としては、不動産や有価証券があるでしょう。

しかし、中小企業においてはこのような資産を保有していなかったり、保有していても価値が低いということもあり、積極的な資金調達には不向きです。

そこで、その他の資産として、売掛債権を売却するという方法があります。

ほとんどの企業は現金取引をしておらず、売掛債権を保有していることでしょうから、それをビートレーディングなどのファクタリング会社に買い取ってもらうことで資金調達ができるのです。

売掛債権を利用して資金調達をする方法には、ファクタリングのほかにも売掛債権証券化や売掛債権担保融資といった方法がありますが、売掛債権に伴うリスクの切り離しが確実な点や手続きが簡素な点において、ファクタリングのほうが優れた方法であるといえます。

 

ファクタリングの流れ

38939421_m_R

ファクタリングの流れは、売掛債権を利用した他の資金調達法に比べ、簡単な流れとなっています。

流れは以下のとおりです。

 

  1. 売掛先に商品を販売し、売掛債権が発生する。
  2. ファクタリング会社と契約し、売掛債権を買い取ってもらい、資金を調達する。
  3. 支払期日に売掛先から代金の支払いが行われたら、そのままファクタリング会社に支払い、取引完了。

 

ご覧のとおり、非常にわかりやすい流れで取引が行われます。

実際には、取引の中で権利関係の調整やリスクコントロールなどの複雑な手続きが行われていますが、それはファクタリング会社の仕事であり、依頼した企業が行う必要はありません。

手続きの一部は企業自ら行う必要がありますし、ファクタリングにあたっての売掛先や売掛債権のデータ管理は依頼企業の仕事です。

このほか、ファクタリング会社のサービス内容や契約内容によって、売掛債権管理事務や回収業務も依頼企業が行う必要があります。

しかし、売掛債権を買い取ってもらうことがファクタリングのメインの機能ですから、大いに利用価値があります。

また、リスクヘッジにも非常に優れた効果を表します。

通常、ファクタリングは償還請求権なし(ノンリコース)で行うものです。

これは、売掛債権を買い取ってもらった後、売掛債権が倒産したり、何らかの理由で支払い不能となった場合にも弁済する必要がなく、回収リスクをすべてファクタリング会社が負ってくれるものです。

ファクタリングを利用しなかった場合、売掛先の倒産や支払い不能は非常に厄介なことです。

入ってくるはずのお金が入ってこなくなるのですから、そのお金を根拠に立てた計画も崩れることとなります。

そのお金を融資の返済や買掛金の決済に利用する計画を立てていたならば、より一層厄介なことになるでしょう。

つなぎ融資を受けるなどしてしのぎ、回収のための法的手続きにも奔走することになります。

また、法的手段をとったとしても、回収額は額面金額の一部になることも多いものです。

しかし、償還請求権なしのファクタリングを行っていたならば、回収不能リスクはすべてファクタリングに移転されているわけですから、なんら問題は起こりません。

ファクタリングによって調達した資金をもとに事業計画を立てれば、計画が狂うこともありません。

回収不能の際の法的手続きもファクタリング会社が行いますから、自社にはなんら被害をもたらすことはないのです。

 

 

ビートレーディングの概要

では、ファクタリング会社であるビートレーディングのサービス内容や注意点、利用事例を見てみましょう。

ビートレーディングのサービス

AdobeStock_118297605_R

ビートレーディングはファクタリング会社ですから、売掛債権の買取を行っています。

ファクタリングを初めて利用する人でも利用可能であり、二社間ファクタリングに対応しているため、取引先に売掛債権を売ったことを知られることはありません。

売掛債権の資金化までのスピードには定評があり、最短即日での資金化が可能です。

100万円~3億円までの売掛金買い取りに対応しているため、かなり大きな売掛債権を保有している企業でも、安心して利用することができます。

利用の流れもいたって簡単で、以下の流れで行われます。

 

1、 申し込み

22399847_m_R

電話やメールで申し込みを行います。

電話受付の時間は。平日9:30~19:00となっていますが、メールで24時間受付を行っています。

 

2、 仮審査

21965240_m_R

ビートレーディングの担当者から連絡を受け、希望を伝えたならば、仮審査が行われます。

 

3、 本審査

AdobeStock_100011638_R

仮審査で問題がなければ必要書類を提出して審査を受け、結果報告を受けます。

 

4、 契約

AdobeStock_97776772_R

本審査の結果、買取料などに納得がいけば、契約を結びます。

 

以上が、ビートレーディング利用の流れです。

優良業者ですから、担当者から丁寧な説明を受けることができ、安心して利用することができます。

 

あくまでも売掛債権の買い取りメイン

40808898_m_R

ひとつ注意しておきたいのは、ビートレーディングはあくまでも売掛債権の買い取りをメインとした会社であるということです。

ファクタリング会社が持つ機能として、売掛債権の買取以外にも売掛帳簿の作成、記帳事務などのさまざまな事務処理の代行機能を備えている場合もあり、手広く業務を行うファクタリングであれば、そのようなこまごまとした業務も委託できます。

しかし、ビートレーディングはあくまでも売掛債権の買い取りをメインとしていることから、そのような業務を行っていません。

行っている業務は売掛債権の買い取りと、それに伴う信用調査や三社間ファクタリングの場合の回収サービスです。

もっとも、ビートレーディングに取材したところ、買い取り業務のほかにコンサルティング業務を行っているとのことです。

例えば、貸借対照表から財務状況を把握してもらい、オフバランス化のために売掛債権をどのように資金化していくべきかなどのアドバイスを受けることができます。

また、提携するコンサルタントを紹介することもできるとのことですから、それを利用すればより専門的なコンサルティングを受けることができるでしょう。

 

ビートレーディングのファクタリングの事例

ファクタリングによって資金調達を行うことによって、危機を切り抜けたり、経営が改善したりするケースはたくさんあります。

ビートレーディングのファクタリングで成功した事例も多数あるため、いくつか見ていきましょう。

 

【事例1】

ある建設会社は公共事業の工事を請け負っていますが、公共事業の請負では一度の多額の売掛金が発生し、支払いまでの期間が長いため、運転資金がショートしてしまいました。

そこで、ビートレーディングのファクタリングによって3000万円の売掛金を買い取ってもらい、運転資金に充てることができました。

AdobeStock_85865405_R

その後も継続的にファクタリングを行い、資金繰りは劇的に改善し、運転資金はもちろんのこと入札資金の調達にも困ることはなくなりました。

 

【事例2】

ある施工業者は、規模の大きな案件を多数受注していました。

しかし、案件ごとの売掛金が大きく、支払いまでの期間が長いため、外注費の支払いが遅れそうになりました。

銀行融資を申し込んだものの、融資限度額が小さく、まとまった資金調達ができませんでした。

AdobeStock_99604461_R

そこで、ビートレーディングでファクタリングを行うことで、300万円の資金調達を行い、外注先への支払いが可能となりました。

外注先からの信用も向上し、さらに大型の案件にも対応可能となりました。

大きな取引が増えたことで、銀行からの信用も向上し、ついには3000万円の融資を受けることに成功しました。

 

【事例3】

ある製造業者は、銀行融資の話を進めていましたが、融資にあたって納税証明書の提出を求められました。

しかし、税金の滞納があったため提出ができず、あわや融資を受けられない事態に陥りました。

AdobeStock_38773183_R

そこで、ビートレーディングで売掛債権を資金化し、税金を完済したことで、無事に融資を受けることができました。

借り入れた資金を元に経営を軌道に乗せることができました。

 

【事例4】

ある設備会社は年々売上が低下しており、融資で経営をつないでいたのですが、返済が膨らんだためにキャッシュフローは悪化の一途をたどっていました。

受注はあるため売上の回復は見込めていたのですが、手元資金がなく、追加融資も受けられない状態でした。

そこで、ビートレーディングに相談をしたところ、ファクタリングだけではなく、資金繰り改善のための提案を受けました。

Dollarphotoclub_39657008_R

提案のとおりに改善を図ったところ、キャッシュフローが大幅に改善しました。

ビートレーディングが提携するコンサルタントの紹介も受け、その後は計画的な資金繰りが可能となりました。

 

【事例5】

ある製造販売業者は、設立してまだ2年目であるため信用に乏しく、銀行融資も受けられない状態でした。

製品を納品してから売掛金の回収までの期間は3ヶ月だったのですが、あるとき大型受注を受け、仕入れや外注費の支払いができない状態となりました。

そこで、前月分の売掛金をビートレーディングに買い取ってもらうことで、仕入れと外注の費用をまかなうことができました。

翌月の大型受注も無事に納品が完了し、その後も大きな取引を継続できるようになりました。

 

【事例6】

ある卸売業者は、売掛先からの支払い遅延に遭い、当座の決済が難しい状況に陥りました。

それまでは銀行融資で資金繰りをしてきましたが、最近も融資を受けていたため、追加融資を受けることができませんでした。

51357207_m_R

緊急に資金が必要となったため、ビートレーディングに相談をしたところ、翌日にはファクタリングをしてもらい、不渡りを回避することができました。

また、ビートレーディングに長期の融資交渉を依頼し、700万円の長期融資を受けることに成功しました。

 

【事例7】

ある住宅建築業者は、受注件数は改善していたものの、工事期間の延長や工事量の増加によって、入金予定が遅れていき、材料費や人件費の支払いが行き詰ってしまいました。

銀行融資は断られてしまい、新規の金融機関は審査期間が長いため、そのままでは運転資金がショートする事態に陥りました。

そこで、ビートレーディングに依頼し、翌月末に入金予定の売掛金をファクタリングしてもらい、資金を調達して危機を免れることができました。

AdobeStock_59007358_R

その後も毎月ファクタリングを行っており、資金繰りは劇的に回復しました。

資金繰りが良くなったことで積極的な営業も可能となり、大口の受注も増加しました。

 

以上のように、ビートレーディングを利用することによって、多くの企業が運転資金を調達し、資金繰りを改善しています。

皆さんも、ファクタリングによって売掛債権を資金化したいときには、一度ビートレーディングを検討してみると良いでしょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • ファクタリングで気になるリスクを徹底解説&ファクタリングの基本

  • 支払手形削減サービスとでんさいの違い、その他の資金調達法

  • ファクタリング会社を比較して、もっと有利に資金化しよう

  • 注目される銀行系ファクタリングについてまとめ&基礎解説

  • 資金調達プロというサイトはどんなサービスをしてくれるの?

  • ファクタリングの入門知識。公的機関との取引やトラブル事例など