竹内 浩

助成金

転換制度を工夫してパートタイマーを人材不足解消に役立てよう!キャリアアップ助成金も受給できる

政府が働き方改革を推進していることにより、最近では人材確保の方法も多様化してきました。 就職困難者の雇用、外国人労働者の受け入れ、中途採用、女性の活躍促進など、様々な方法によって人材を獲得することができ、これらの取り組みによって受給で...
助成金

障害者雇用が会社にもたらすメリットは?実際の例を見ればよくわかる!

障害者雇用は、会社にとって負担になるというイメージも少なくありません。 実際に負担が生じることも事実ですが、会社の取り組み次第では、負担よりもはるかに大きなメリットを得られることもまた事実です。 本稿では、障害者雇用の負担とメリ...
助成金

特定求職者雇用開発助成金の「安定雇用実現コース」の活用は難しい。良い方法は他にある

就職氷河期世代には、非正規雇用として働き続けている人や無職の人が多く、政府はその対策に力を入れています。 企業に就職氷河期世代の雇用を促すために、特定求職者雇用開発助成金の安定雇用実現コースを実施していることも、その表れと言えます。 ...
助成金

正規雇用したいが技術がない・・・有期実習型訓練で人材確保に成功した会社の事例

人材不足を解消するためには、会社に長く定着して働き続けてくれる正社員を増やすことが欠かせません。 しかし、正規雇用したくとも、そのレベルに達している従業員が少なく、正社員を増やせないことも多いものです。 そこで効果的なのが、訓練...
助成金

賃金規定等共通化コースとはどんなもの?具体的なイメージを掴もう

人材不足に悩んでいる会社の中には、有期契約労働者の離職率が高いケースが少なくありません。 そのような会社では、正規雇用労働者と有期契約労働者の賃金格差が不満につながり、離職率を高めていることあります。 このような会社では、有期契...
助成金

就職氷河期世代の正規雇用でもらえる特定求職者雇用開発助成金の「安定雇用実現コース」とは?

今年に入ってから、助成金の中には新設されたもの、助成内容が拡充されたもの、支給要件が緩和されたもの、名称が変わったものなどがあります。 その一つに、特定求職者雇用開発助成金の安定雇用実現コースがあります。 安定雇用実現コースは、...
助成金

雇用調整助成金の上限引き上げが決定。改訂のポイントは4つ

かねてから、雇用調整助成金のさらなる拡充が期待されてきましたが、ついに6月12日、2次補正予算が成立し、日額上限の引き上げも決定されました。 これに合わせて、緊急対応期間を延長すること、過去にさかのぼって増額分を支給すること、助成率を...
助成金

アフターコロナでの助成金活用を今のうちから考えておくべき理由

多くの中小企業が新型コロナウイルスの打撃を受けている現在、現時点での対処に追われて先のことが考えられない経営者も多いことでしょう。 しかし、新型コロナウイルスはいずれ収束するはずです。 アフターコロナがいつ訪れるか不明ですが、社...
助成金

障害者雇用の絶対条件は社内の理解。助成金をもらいながら講習を

障害者雇用で会社の負担となるのが、配慮の難しさです。 十分な配慮ができなければ、障害者が働きにくく感じて離職してしまったり、一般の従業員がどう接していいかわからずに配慮が空回りし、生産性の低下につながることもあります。 そこで重...
助成金

一部地域で雇用によって多額の助成金を受給できる地域雇用開発助成金を徹底解説

経済的な発展が遅れている地域や、過疎化が激しい地域では、人材不足が特に深刻な会社が多いことでしょう。 人材不足解消のために、政府は様々な取り組みを実施しており、特に拡充の対象となっている助成金もあるのですが、これらの地域の会社ではあま...