竹内 浩

助成金

障害者雇用で最大356万円!3つの助成金の併給で最大化する方法

障害者雇用に取り組むにあたって、受給できる助成金は複数あります。 そして、これらは併給が認められているため、要件を満たすものを漏れなく利用していくことで、受給額を大きく伸ばすことができます。 障害者雇用は、多くの会社にとって難し...
助成金

雇用調整助成金の上限増額でどう変わる?わかりにくいところは厚生労働省に聞きました。

かねてより、安倍首相は雇用調整助成金の日額上限を8330円から15000円に引き上げることを発表していましたが、5月27日の臨時閣議でついに決定されました。 これまで、日額上限が雇用調整助成金の問題のひとつになっていたため、約2倍への...
助成金

障害者の初回雇い入れで、特定求職者雇用開発助成金を併給するときの注意点

障害者を初めて雇い入れる会社では、雇い入れた経験がないだけに、コスト面での不安も大きいと思います。 そのような会社のために、政府は助成金によって支援しています。 障害者を初めて雇い入れる会社は、障害者初回雇用コースを利用すること...
助成金

初めて障害者を雇用する会社は特定求職者雇用開発助成金を使おう!

民間企業における障害者の雇用義務は、現在、法定雇用率2.2%に設定されています。 このため、常用労働者46人以上の会社で、雇用義務が発生します。 しかし、2021年には法定雇用率を2.3%へと引き上げることが決まっており、常用労...
助成金

雇用調整助成金の申請が簡素化へ。小規模事業者の申請がとても簡単になった!

5月19日、雇用調整助成金の申請の簡素化が発表されました。 以前から雇用調整助成金では、申請に伴う資料作成が難しいとされていました。 このため、雇用調整助成金を使いたくても使えない人や、申請したものの不備があって使えない人などが...
助成金

障害者雇用の義務とは?罰則はある?活用できる助成金は?

一定の規模に達している会社では、障害者雇用に取り組む必要があります。 政府が規定する障害者の法定雇用率は、2021年に引き上げを予定されているため、今後はより多くの会社で取り組みが求められるようになります。 障害者と社会・会社の...
助成金

新型コロナウイルス関連助成金で詐欺・誇大広告が増加中!悪質業者の見抜き方・考え方、全部教えます

最近、新型コロナウイルス関連の助成金の拡充に伴い、詐欺や誇大広告が増加しています。 悪質業者に引っかかってしまうと、お金を騙し取られ、資金繰りに無駄な負担が生じます。 それ以上に、不正受給に陥ってしまい、さまざまなペナルティを科...
助成金

中途採用ではなく派遣労働者を活用すべき?助成金も踏まえ、実例とともに紹介

現在、政府は中途採用の拡大を促しており、採用活動も新卒一括採用から通年採用へと変わろうとしています。 この方針は、潜在的な労働力であり、また将来的な問題を孕んでいる就職氷河期世代を支援するためです。 しかし、中途採用によって人材...
助成金

派遣労働者を正規雇用に転換するメリットと、スムーズに転換するポイントについて

最近の政府の方針により、雇用のあり方も随分と変わってきました。中途採用や外国人労働者雇用も拡大していく流れであり、人材確保の方法は多様化してくることでしょう。 中小企業の採用活動にも、いずれ様々な影響が考えられますが、その影響が具体化...
助成金

最低賃金アップ、今年は5%?最低賃金1000円に備える助成金活用法を徹底解説

先日、政府は最低賃金の引き上げを加速する方針を打ち出し、今年の最低賃金は5%増額を目指すという意見も出ています。 もちろん、中小企業への影響は大きいため、これがすんなり通るとは思えませんが、最近の数年で、政府が着実に最低賃金を挙げてき...