1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. ファクタリングの基本と悪徳ファクタリング業者に遭遇しない方法

ファクタリングの基本と悪徳ファクタリング業者に遭遇しない方法

ファクタリングは債権を譲渡する業者が悪徳業者の可能性もありますので十分に注意して業者を選ぶ事が重要になります。

その為、事前に売掛債権買取業者との契約の場合には、悪質な契約内容は内科チェックして、解除項目の有無なども合わせてチェックしてください。

ファクタリング契約の基本

新しい資金調達方法として注目されているファクタリングは、会社が持っている期日が来なければ現金化する事ができない売掛金や受取手形などをファクタリング会社に譲渡する事によって、売掛金や受取手形を支払期日よりも早いタイミングで現金化する事ができるメリットの多い資金調達方法になります。

将来的に必ず手に入る売掛金を、契約されたタイミングよりも早く回収する事ができる資金調達方法になります。

ファクタリング会社は、無料で売掛金や受取手形を早目に現金化しているのではなく、早目に売掛金や受取手形を買い取る代わりに、利用者から売掛金や受取手形の一部の金額を手数料として受け取っております。

ファクタリング会社は、利用した会社から手数料を貰ったあと、元々の売掛金や受取手形の支払い期日になったら、売掛金や受取手形のあった会社のある会社から回収を行う仕組みになっております。

ファクタリングは、一般的な手形取引などでは、売掛金を回収するためには支払い期日まで待たなくてはいけません。

その間を銀行融資などで凌いでいる企業も多いのですが、担保や保証人が必要になるので、利用できないと言った企業もあります。

また融資を受ける場合には、どうしても審査に時間がかかってしまいますので、直ぐにお金が必要な場合などは、スピードが遅いので利用できないという企業も多くなっております。

ファクタリング利用までの流れは最初にファクタリング会社に相談をします。

相談は電話かメールの所が殆どですが、中には面談という形で相談に乗ってくれる所もあります。

相談の時には、売掛金の状況や取引先についての情報を聞かれます。

また、売掛金を売却する事によって必要な金額と支払金額などを伝えます。

相談が終ったら、必要書類などを提出し審査にはいります。

必要書類は自社の物だけではなく、売掛金の発生している取引先とのやりとりの確認する事ができる書類を提出します。

必要な書類はファクタリング会社によって異なりますので、しっかりと確認するようにしてください。

審査をクリアすると実際にファクタリング会社に出向いて最終面談が行われます。

この面談をクリアすると契約が完了し、後日入金されるようになります。

確かに手数料もかかりますし、初めての事で勝手のわからない部分も多いと思いますが、スピード感と担保や連帯保証人が要らないなどのメリットはかなり大きいと思います。

資金調達の手段を増やすためにもぜひチェックしてください。

 

 

ファクタリングを検討する・向いている人

中小企業の経営者の中でも新しい資金調達の方法として注目されているファクタリングは、キャッシュフローを健全化させるためにも有効な手段ですので、様々な企業の経営者にとってメリットの多い資金調達方法なのですが、特にファクタリングに適している業種という物があります。

最も利用する企業の多い業種は、ゼネコン業界や建設業界です。

ゼネコンや建設系の業種の場合には、とにかく一件あたりの金額が多くなっております。

それに加えて、どうしても天候に左右される事が多くなっておりますので、完成が遅れてしまって、支払期日がどんどんと先延ばしになってしまう可能性があります。

台風や積雪、梅雨時期の長雨などでキャッシュフローが乱れてしまった時に、正常な状態に改善するような方法としても利用されています。

また、厳しい納期のあるIT関連の企業でも多く利用されております。

IT関連の業界では、大口案件を受注したとしても、予定の納期に納品できないようなトラブルが発生する事もあります。

そんな時には、予定の納期に納品が出来ないケースもあります。

人材を追加したりペナルティなどを支払ったりなど、資金ショートしてしまい倒産してしまうような可能性もありますので、ファクタリングを利用している企業が増えているのです。

介護系や医療業界も良く利用されている業種の一つです。

介護業で利用されているのは、国民保険団体連合会に対して請求する介護保険給付金を、ファクタリング会社に譲渡する事によって支払日よりも事前にお金を受け取る事が出来ます。

特に国民保険団体連合会は、請求してから入金されるまでに2カ月程かかりますので、キャッシュフローが大変な企業も多くなっております。

新たに人材を増やしたり、新しい機器を投入したり、乱れたキャッシュフローを改善するようなために利用されている所が多いのです。

アパレル関係の企業も多く利用されております。

アパレルは販売する物を仕入れなければ商売にならないのですが、仕入れから販売までかなり時間がかかるのが一般的ですので、現金が少ない時間が長くなっております。

特に年末年始にあるセール時期に合わせて大量に入荷してしまうような時には、資金繰りが苦しくなってしまうといったリスクも考えられます。

その為手元にしっかりと現金を置いておく事ができるように、ファクタリング会社に売掛債権を売却し、経営状態をもう少し余裕を持たせるようにする企業が増えているのです。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

債権譲渡

ファクタリング会社に売掛金を譲渡する事で資金調達を行うファクタリングは、色々な業種に対応することができる人気の資金調達方法ですので、大小さまざまな企業が利用しているのですが、債権譲渡は一般的なのでしょうか。

一般的な債権譲渡は、債権を財産と考えて第三者に譲渡したり移転することです。

100万円の売掛金を回収する事ができない貸金業者が、他の貸金業者にその債権を50万円で売るような取引のことを債権譲渡契約と呼ぶようになっております。

一見すると、単純に損をしているように思われるかも知れませんが、回収する事ができない債権などは1円にもなりません。

それでしたら50万円を手に入れる事ができる方がメリットがあると考える方が債権譲渡を行うのです。

債権譲渡は債権者が変わった事についての債務者への通知と、債務者による債権者変更についての承諾のどちらかが必要になります。

債権がある方にとっては、いきなり取り立てる方が変わった場合には、本当に新しい取り立てする会社に支払って良いのか、もしかしたら詐欺をしている悪徳業者かも知れないなどと不安になってしまうと思います。

その為、債権が移った事を通達したり、債務者による債権者変更についての承諾が必要になるのです。

しかし、中には譲渡できない債権もあります。

基本的にはどのような債権でも譲り渡す事もできるのですが、例えば当事者が反対の意思を表示した場合や債権の性質がこれを許さないときなどは債権を譲り渡す事ができません。

また、扶養請求権や記名式乗船切符、災害補償を受ける権利なども譲渡する事ができませんので注意してください。

また債権回収業は誰でも行ってよいわけではなく、国から求められた一部の債権回収業者のみ業務になります。

実際には、資本金5億円以上で取締役に1名以上の弁護士を選任といった厳しい条件をクリアした上で、法務大臣に認可された業者しか行う事ができません。

このような条件に当てはまらない債権回収会社からの催告や取立が行われている場合には、悪徳業者の可能性がありますので、十分に注意するようにしてください。

債権を回収する会社が変わるということは良くあるケースですが、きちんとした債権回収会社なのかをしっかりと確認した上で承認するようにしてください。

もし悪質な債権回収業者の可能性があるような場合には、警察や弁護士に相談するようにし、自分の判断で書類にサインなどをしないように注意してください。

ファクタリングの悪徳業者に遭遇しないために

ファクタリングが多くの企業で利用される事になり、取り扱っている業者も増えて来ております。

その為中には詐欺のような悪徳業者が増えて来ているので、これから利用しようと考えている方は、契約を使用としている業者がしっかりとした業者なのか、悪徳業者なのかを判断する必要があります。

悪徳業者を見分けるためには手数料が高額かどうかに注目する必要があります。

こちらのサービスは売掛金を売却や譲渡をする事によって現金を得る方法になりますので、お金を融資してもらって現金を得る方法ではありません。

その為、一般的な金貸し業のような利息制限法や出資法の制限を超えても違法にはならないのです。

特に契約書や取引説明書などをチェックしてみても、月額手数料率しか記載がない場合が多く、手数料として支払う金額の利率が明らかではありませんので、素人の方の場合には高金利であるとはわかりにくくなっております。

そのため実際高金利になっているかどうかなどは、複雑な計算をしてみないと分からない構成になっております。

簡単な説明だけで契約させるような悪徳業者も多数存在しておりますので注意するようにしてください。

また取引が開始する時に、取引先に対する売掛金をファクタリング業者に対して譲渡するケースも増えてはいますが、通常リース会社などの場合には、多少返済が遅れた場合でも取引先に対して売掛金の譲渡を受けたとの譲渡通知などを送りつけたりはしません。

しかし悪徳業者の場合には、悪徳業者の言い分が通らない場合であったり、クレームを受けたり、返済が期限に少し遅れただけでも、取引先に対して譲渡通知を送りつけるようないやがらせをしてくるケースも増えております。

取引先は、譲渡通知を受領したら、利用した会社が資金繰りに苦しんでいるのかもしれないというマイナスなイメージを持たれてしまう可能性が高くなっております。

そのようなイメージをもたれなくても、なんか、面倒な取引先に思われる事は間違いありません。

特に狭い業界の場合には、信用が落ちると経営に悪影響を与えてしまうのは間違いありません。

最悪の場合には、倒産せざるを得なくなってしまうような状況に陥ってしまいます。

そのような事態を避けるためには、契約しようと思っている業者が信頼できる業者なのか、悪徳業者なのかを見分ける目を持つ事が重要になります。

色々なブログやホームページをチェックして、知識を増やし、見分ける目を持つようにしてください。

 

 

ファクタリング契約の解除

ファクタリングの本質をしっかりと理解できていないような方がトラブルに巻き込まれるケースが増えております。

その為、しっかりと契約内容を確認した上で、真面目な会社と契約する事が重要になります。

契約してから自分が思っていた物とは違うと思ったり、悪徳業者だと分かった場合には、契約を解除しなければいけません。

契約を結ぶ前には必ず契約書をチェックする機会があると思いますが、多くの方が手数料など金額に関する物に目が行っている事が多いのですが、実は契約解除の文章があるかどうかをしっかりとチェックするのはとても重要になります。

一般的な契約書には、「甲または乙は3ヶ月の予告をおいていつでもこの契約を解除することができる。」といった文章が記載されていたりしますが、甲が債務の一部でも履行を遅延したときや、担保の目的物について差し押さえまたは競売手続の開始があったとき、甲が乙との取引約定に違反したとき、保証人が前項または本項の各号の一つにでも該当したとき、前各号のほか債権保全を必要とする相当の事由が生じたときなどに解除する事ができるような情報がしっかりと記載されているかを確認するようにしてください。

ただ基本的には、ファクタリングの契約に関しては、契約の解除という手法は用いられません。

特に二社間の契約の場合には、最初の契約で売掛金の譲渡と業者からの支払いが完了してしまいますので、利用停止であったり、途中で契約の解除はできないというか、されないようになっております。

また、契約終了時には譲渡した債権登記の抹消をもって契約終了となりますので、よほどの事がなければ契約解除ということはありえないのです。

また、途中で契約の解除を行った場合には、違約金などが発生してしまうケースがあります。

ファクタリング業者によって6ヶ月以内の契約解除で発生するなど業者によって違約金が発生する条件は異なりますが、事前に確認しておく事が重要になります。

基本的には契約の解除という事は難しいのですが、毎月同じ取引先からの売掛金を譲渡するような契約になっているような場合に、次回以降は使用しない事が決定しているような場合には、事前に契約解除の手続きを取る必要があります。

これも売掛金買取業者との内容によって、違約金が発生するのか、それとも解除時期が異なるのかという点が変わってくるのですが、最初の契約時にしっかりと確認し、わからなければ確認するように心がけてください。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • ファクタリングの基礎知識~仕組みや業者の見分け方、他

  • ファクタリングで押さえておくべきリスクと注意点

  • ファクタリングの入門知識。公的機関との取引やトラブル事例など

  • ファクタリングで気になるリスクを徹底解説&ファクタリングの基本

  • ファクタリング会社を比較して、もっと有利に資金化しよう

  • 支払手形削減サービスとでんさいの違い、その他の資金調達法